FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

『神去なあなあ日常』林業の愉しみって?

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
三浦しをん/装画・金子恵

徳間書店 2009-05
売り上げランキング : 2135
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名古屋から近鉄線で松阪へ、そこから聞いたこともない一両編成のローカル線で終点の神去村(かむさりむら)へ。
横浜育ちの平野勇気は親と教師にはめられて高校卒業後、神去村で林業研修をすることになります。

林業?知らんよ全然。なのですが、視点は今の若者ですから、まったく違和感はなく。

一年、四季折々の村と山が描かれますが、どうもまだ山の暮らしが見えてきません。
暮らしというか、楽しみとかね。
主人公が世話になっている家の男はスナック遊びもしている様子。
主人公も夏に休みをもらって実家に帰りますが、山に早く戻る理由は山仕事とはちょっと違います。
村が過疎なのは事実だし、やっぱり主人公もどこまで続くか…などと思います。

欲に目が眩んだら難しいと思うんですがね。
☆☆☆☆-

目次

一章◆ ヨキという名の男
ニ章◆ 神去の神さま
三章◆ 夏は情熱
四章◆ 燃える山
終章◆ 神去なあなあ日常
web拍手 by FC2

  1. 2010/06/22(火) 23:42:23|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/991-d5b0bc6b