* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『愛は苦手』アラフォーという言葉も手垢がついてきたが…

愛は苦手愛は苦手
山本幸久

新潮社 2010-01
売り上げランキング : 23207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小説新潮(「まぼろし」は書き下ろし)に掲載された女性が主人公の短編を集めた一冊。女性の年齢は大体四十歳くらいでしょうか

てことは、いわゆるアラフォー女性を読者として想定してるのかな。私はあてはまらないので、前回に続いて評価は避けておきます。
発表は2006から2009年なので「アラフォー」(アラウンドフォーティー、around 40)が言われはじめてから流行語になったあたりまででしょうか。

で、気に入ったのも七十八歳の義父も登場する「象を数える」。
なかに、腹立たしいことがあったら象を十頭数えるといいというのが出てくる。
山本夏彦翁の言葉に「浮世は二時間の辛抱」というのがある。
それに通じるようだが、象は作り過ぎな気もする。十頭の群れを数えるのか、羊のように一頭づつ通り過ぎるのか、さらには通り過ぎるときにあちこち踏み潰すのを想像して快哉をあげるのか。

気に入ってるといって、これでは貶しているのかわからなくなってきた。
なんだかね。

目次
カテイノキキ
買い替え妻
ズボンプレッサー
町子さんの庭
たこ焼き、焼けた?
象を数える
まぼろし
愛は苦手
web拍手 by FC2

  1. 2010/05/31(月) 06:31:31|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/983-5b0bec22

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。