* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『珠玉』過剰な描写か

珠玉 (文春文庫)珠玉 (文春文庫)
開高健

文藝春秋 1993-01
売り上げランキング : 137177
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

遺稿というのは知らなかった。ずいぶんと若いときの作品のようにも思えます。「一滴の光」のラストはスタイルとして「新しい天体」を意識させつつ、田山花袋の「布団」を思い出させ、正直「老い」なのか?とも。

筆者らしいと思わせたのはその文体。
「石はつめたい。凛と張りつめて冷澄である。そこにみなぎる赤は濃くて暗くて、核心部はほとんど闇である。深沈とした激情と見える。どれだけ透かしてみても、泡、亀裂、ひび、引っ掻き傷など、何もない。石そのもののどこかに明るさがあり、のびやかな華と感じられるが、照り、艶、カット、色価、全体としての石品の何からくるものだろうか。指の腹で愛撫していると、カットの鋭さがヒリヒリとこたえて、いよいよ冷澄に感じられる。石化した焔である。氷の血ともいえようか」(「玩物喪志」より)

ここまでの書き込み、そういえば最近見ない感じがします。
大きな物語から小さな物語(→過去記事参照)という流れがあるのなら、マクロレンズで見るような上のような描写が増えてもいいようですが、逆に今は、文章は軽くという時代なのでしょうか。

過剰かもしれませんが、一時期、傾倒していたなぁ、と郷愁を含めつつ。
☆☆☆☆-

収録は三話。
タイトルと石を。

のなかの海;アクアマリン
玩物喪志;アルマンダイン・ガーネット
一滴の光;ムーン・ストーン


次読みたい本として
魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫)
宮本 輝

文藝春秋 2004-12
売り上げランキング : 47886
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

開高健の「玉、砕ける」が収められているとのこと。
この本と通じるところがあるでしょうか?
web拍手 by FC2

  1. 2010/05/04(火) 08:13:27|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/973-409580c2

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。