* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『偶然のチカラ』偶然とどうつきあうか

偶然のチカラ (集英社新書 412C)偶然のチカラ (集英社新書 412C)
植島啓司

集英社 2007-10-17
売り上げランキング : 21321
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まず「未来が見えないとき、いったいどうしたらいいのか」という問題提起から始まります。それを踏まえての「偶然」に関する雑学本…とまで雑然とはしていませんが、いろいろ詰まった奇書といえるのではないでしょうか。
多分、著者の頭の回転についていけてないのでしょう。

モンティ・ホール問題についてはWikipediaの項目(右側のイラスト説明)でわかりました。

他、
「人間はだれしも自分が選んだことにとらわれて自由な判断ができなくなる」
というところからギャンブルの必勝法に話が跳んだり、

悪いことが重なって起きるときは、「おきまりのパターンを打ち破る」ことで対処し、簡単な問題からひとつずつ解決して状況を少しずつ変えていく、と人生相談のようなことも書かれています。

未開社会での雨乞いのダンスは、雨を降らすためのものではなく、社会的に危機意識を共有するための儀礼だし、それまで合理的と考えられていたものがこうした事態を招いたのだから、「非合理的」に見えるものほど考慮に値して必要とされる、などという偶然と人類学の出会いのようなものまで書かれたりもします。

幸福を幸と福に分けているという安岡正篤あたりも興味深い。
☆☆☆☆-

目次は以下。

はじめに 偶然とは何か

Lesson1 自分で選択するべからず
われわれの人生を決めているものはいったいなんだろう
すべては必然ではないのか
その人は理想の相手か?
選択ミスはなぜ起こるのか
マダム・Oの失敗
他人の振りみてわが振りなおせ

Lesson2 世の中にはどうにもならないこともある
クロイソスの悲劇
王の死
この世界でだれがもっとも幸福な人物か?
安岡正篤は運をどう考えたか
災いは本人以外のところにやってくる
負けを素直に受け入れる

Lesson3 自分のみに起こったことはすべて必然と考える
偶然を仕組む
不思議大好き
なぜ自分ばかりが不幸になるのか?
占いほど「合理的」なものはない
亀甲占い
すべての出来事には理由がある

Lesson4 たかが確率、されど確率
確率論の始まり
カルダーノ『わが人生の書』
天才はみんな不幸である
ギャンブラーたち
確率論の展開
なぜいつも間違うのだろう

Lesson5 思いは全部どこかでつながっている
幸運かそれとも救いか
クージョ
彼が急に冷たくなった?
メランコリア
わたる世間はウツばかり
悪い連鎖を断ち切る

Lesson6 いい流れには黙って従う
縁起とは何か
因果性
南方マンダラ
永遠に出会わないもの
ルーレット
いい流れには黙って従う

Lesson7 すべてはなるようになる
幸せとは何か?
無責任でいこう!

ラプラスの悪魔、ふたたび
カイロの男の夢
おわりに


あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2010/04/24(土) 23:05:46|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/971-45e41c25

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。