* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『煙突の上にハイヒール』ガジェットで変わる暮らし

煙突の上にハイヒール煙突の上にハイヒール
小川一水

光文社 2009-08-20
売り上げランキング : 12953
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テクノロジーというよりガジェットでお話を作ってみた感じの短編集。

こういうSFモノは好きなんですが、話は小さくまとまってます。もっと大風呂敷を広げてもいいのにねぇ。軽く読めるのが味でしょうか。

大体、各話50頁くらいなんですが、最後の「白鳥熱の…」は新型インフルエンザをテーマにしていて、少しトーンが違います。
新型インフルが流行の坂を昇りつつある昨今(これが雑誌掲載されたのは2008年9月号ですが)シャレにならない怖さがあります。
ただ、前4作と同じ分量というのが(微増はしてますけど)物足りない感もあります。この1作だけ浮いてますよね?
他がガジェットものですが、この話はパンデミック後の世界ですし。

それとこの話には最初の発症者が登場しますが、実名報道されていたことでストーリーが転がっていく部分があります。大きく話に関わる部分だけに、現実にはされないだろう発症者の実名報道をキーポイントにしているのがねぇ…。
ネットで晒されたとかなら腑に落ちるんですけど、ちょっと疵だなぁ。

ツメが甘かったり、軽く楽しめたり、凸凹均して。
☆☆☆☆-

目次(と少々)

煙突の上にハイヒール(個人用飛行具・Mewを手にした普通のOLが…)
カムキャット・アドベンチャー(飼い猫にビデオカメラを付けて見えてきたのは…)
イブのオープン・カフェ(傷心の女性と相席することになった介護用自立ロボット)
おれたちのピュグマリオン(一角電機、ロボット開発物語。ちょっとお気楽過ぎる?)
白鳥熱のあしたに(これだけ別風味。シリアス)
web拍手 by FC2

  1. 2009/10/21(水) 07:25:50|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/908-791b77aa

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。