* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『カメのきた道』二億三千年前の第三の道

カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)
平山廉

日本放送出版協会 2007-10
売り上げランキング : 26944
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今から二億三〇〇〇年前、陸上の動物たちは過酷な生存競争を生き抜くため、現在まで受け継がれる三つの戦略を選んだ。一つは、恐竜に代表される爬虫類が採った方法であり、極限までの大型化とエネルギーの効率化をめざした。二つ目は、われわれ哺乳類が採った戦略であり、極端に小型化し、絶え間なくエネルギーを補給しつづけ、恐竜の足元で活発に走りつづけた。この二者に紛れてひっそりと第三の戦略を採った動物がいた。それこそ、本書の主役であるカメたちである。(「はじめに」より)

同程度の大きさの哺乳類と比べると、カメ類がとんでもなく長寿命なのはよく知られている通りです。

低代謝ということらしいです。ただの爬虫類と思ったら大違いですね。

甲羅の二重構造とか、深海潜水の達人・オサガメとか、生物学の分野に興味がある人は是非一読を。

生物学的にはすごいカメですが、そんな第三の適応戦略も哺乳類の中のただ一つの種、ホモ・サピエンスによって危機に瀕している、または絶滅させられたのは、よくある話ですが悲しいことで…。

最近、うちでクサガメを買い始めたので読みましたけど、われわれがカメを見てなごむのは、自分たちがエネルギーを浪費しながらせわしなく生きつづける存在であることを忘れさせてくれるからなのかもしれない(P.29)というほど、のんびりしてはいないとも思います。エサを取るときとか、引っ込めるときの首の動きは素早いですよ。


そういや、草食系男子などという表現もありますが、雰囲気だけのコトバなのはもったいないですね。肉食系に出し抜かれないためには草食動物の知恵も学べばいいのに、と思います。

同様にカメの行動に学ぶところも大きいと思います。
☆☆☆☆☆

目次と余談は以下に。


目次
はじめに
本書に登場する主なカメ類の時代分布表
第一章 カメの体の驚異的な仕組み
 カメが甲羅を脱げない理由  食性を反映した頭の構造
 首が引っ込む秘密  長い尾、短い尾
 生息環境に合わせた四肢の形  雌雄差と交尾行動
 視覚・聴覚と体温調節  カメの脳と学習能力を考える

第二章 カメの体の驚異的な仕組み
 潜頚類と曲頚類  真っ黒なウミガメ?
 すべてをクラゲ食にささげたカメ  深海潜水の達人
 潜水に適した体の仕組み  オサガメは生き残れるか
 『ガメラ』のモデルとなった攻撃的なカメ
 スッポンになり損ねたカメ?
 二〇〇年も生きるカメは本当にいるのか?
 現生カメ類(科)の一覧表

第三章 謎だらけの起源
 進化のプロセス  爬虫類の進化史
 卵に隠された秘密  カメの甲羅が意味するもの
 カメは恐竜に近いのか  カメのミッシングリンクを求めて
 カメの甲羅はなぜできた  カメに歯がなくなった理由

第四章 恐竜時代のカメたち――世界への大拡散
 最古のカメはどんな姿だったのか?  完成されていた甲羅
 原始的な特徴を残す頭骨  引っ込められなかった首
 棍棒状の尾と四肢  三畳紀のカメの生態
 最古のカメの化石を探す  現代型カメ類の登場
 耳が発達した理由を考える  曲る首と軽い頭
 大陸の分布とカメ類の多様化
 日本で見つかった世界最古の現代型カメ類
 トンネル工事がもたらした大発見  「カメ石」と「トリチロ石」
 「化石壁」から見つかったカメたち  カメの化石から時代を知る
 スッポン直系の祖先?  ギャフニー博士と分岐分類について

第五章 海というもう一つの世界へ――最古のウミガメの姿
 一億年前のカメ化石  世界最古のウミガメを報告する
 日本で見つかる恐竜時代のウミガメ
 多様化していた中生代のウミガメ類  夕張で見つけた巨大なウミガメ
 世にも奇妙な形の甲羅をもったカメ  日本の中生代カメ類
 恐竜大絶滅にも影響を受けなかったカメ

第六章 甲羅を力に変えて――哺乳類時代のカメたち
 哺乳類活発化以前のカメたち  甲羅の動くカメが続々と登場
 巨大なリクガメの進化  頭に角を生やしたカメ
 厚紙程度の厚さしかない甲羅  南極を中心とした分布
 ジュラ紀からの生き残り  海生哺乳類と共存したウミガメたち
 二〇万年前に生息していた亜熱帯性のカメの新種を発見!

第七章 迷惑な保護者
 人間に食われて滅びたカメたち  大航海時代を支えた? カメたち
 ペットとして生き残れるのか  消えゆく本来の自然の中で
 日本産化石カメ類の分布表

索引
参考文献
あとがき


余談:
この記事のマクラで、「TBSの噛み付き亀こと小島慶子」を紹介しようと思ったのですが、世間的には今、噛み付き亀というと金融担当相の亀井静香さんですねぇ。
で、少し前なら、神様、亀様、亀井様と巨人の亀井義行選手。

時代は亀なのか?
web拍手 by FC2

  1. 2009/10/03(土) 13:01:49|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/898-b335d892

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。