* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『青い空、白い雲、しゅーっという落語』エッセイ&インタビュー、無理を承知の抱き合わせ

青い空、白い雲、しゅーっという落語青い空、白い雲、しゅーっという落語
堀井憲一郎

双葉社 2009-01
売り上げランキング : 208032
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本人曰く「「落語を見に行く」という小さな旅をしたときに起こったいろんな出来事を綴っているばかりである」。
しかし後半三分の一以上が落語家インタビューでがっつりと「落語の本」。
あとがきを読むと、いろいろと計算違いがあったようです。

まあ、基本的に落語の好きな人じゃないと手に取らないから問題はない組合せでしょう。

本書の中、入船亭扇辰さんのインタビューに以下のような文があります。

それで二人が食べ物の話をしてる。何だったか忘れましたけど「あれ、食ったら、もう他のものは食えないよ」「そうだよなあ、だからさ、タレかいちゃったらさもう、センズリなんかできねえのと同じだよ」これは馬場の師匠が言った。そしたら矢来町が「う~ん、でもセンズリも捨てがたいとこがある」。すると馬場の師匠が「そうなんだよ」って、ふふふ、うわー、かっこいいって。



え、だから落語会に行けるようになったらもう落語会に行ったというエッセイは読まなくていいかというと「でも捨てがたい」と。ま、落語会にも最近はとんと御無沙汰なんですがね。
捨てがたい独特の文章なんですが、う~ん、どうも肌に合わないのは好みですかね?

気になるのは最近の志らくさんの高座と白鳥さんかなぁ…。
談春さんのファンには読み応えがある…かもしれません。

次に出る「落語好きに向けた本」も読むつもりではありますが。
☆☆☆--

目次は長いンでちっと下に。



目次



もぎりがきちんともぎってくれない
自由解放区浅草、S字の戦い
文楽の頭で蝿が、手を擦る足を擦る
江戸の麻布にペペロンチーノの香り
円朝祭を襲うキーンとした宇宙の邪悪な意志
川崎の志ん朝チケットとの戦いが始まった
銀座の時事通信ホールに響く不気味な足音
小朝の独演会は亀有か亀梨か亀戸か
芝浦の公民館の独演会は客四人
高座で噺家が黙り込んでしまう瞬間
自由に席を作っていい寄席
両国で講談を聞きに入れば客一人に演者一人
節分、豆撒き、池袋、ここは地獄の一丁目
池袋でこなごなに割られた『真景累ヶ淵』
芝浜から円盤で遠くお空に帰った円楽
京の都の東山で聞いた小米の宿替え
一九七四年の京都での米朝合意
落語のLP十五枚セットが当たった
池袋演芸場は客用ロビーが楽屋の入口になってる
上野鈴本、歌だけ、悪夢の小三治独演会
酔っ払い客を叩き出した扇辰の啖呵
ディズニーシーの新アトラクションと三遊亭白鳥の舞い
扇子で扇がれるのを嫌う談志、小のぶ、ダダ星人
大銀座、文句は小朝に言ってくれ
台風でもやってくる落語の決死隊たち
上野・伊豆栄と日本橋・藪伊豆と花緑と談春の違い
談春七夜で見せた池袋の七つの色
高田馬場の寿司屋の隣に柳家喜多八
立川での志らく、男はつらいよ四十八作
横浜にぎわい座の異常な緊張の『九州吹き戻し』
赤木山の忠次まで起きた目覚まし時計音
相合い傘が宙に舞う、師走の池袋の紙切り工芸
自分の落語が受けると驚く前座たちの姿
銀座の資生堂パーラーで座布団が揉まれる
竹橋の落語会での上品な横切り
落語の途中の拍手はなかなかむずかしい
平成二十年、桂米朝、京都での伝説の高座顛末
赤坂TBSロビーで談春が稽古をつける
談春弟子入り希望と春のダチョウ
談志の楽屋に呼び出されてしまった夜


[落語家十人インタビュー]
其の一 立川談春
其の二 柳家喬太郎
其の三 立川志らく
其の四 柳家三三
其の五 入船亭扇辰
其の六 三遊亭白鳥
其の七 林家正蔵
其の八 柳家喜多八
其の九 春風亭昇太
其の十 立川志の輔

あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2009/07/19(日) 10:07:23|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

是非落語会にいらしてください。
  8月お盆に演劇らくごなるものをやります。物凄いものをやります。是非。

                  志らく
  1. 【2009/07/20 00:12】 URL | 志らく #- [ 編集]

コメントありがとうございます。
思いがけなく、ちょっとビックリしています。

8月13日~17日、紀伊国屋ホール
一部:志らくの古典落語「鉄拐」 
二部:下町ダニーローズ「上海極楽~鉄拐後日談~」
というものですね。

何とかやりくりをして伺いたいと思います。
  1. 【2009/07/21 12:20】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/866-37b8eafb

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。