FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

『車輪の上』意外に深い自転車コラム

車輪の上 (エイ文庫)車輪の上 (エイ文庫)
中丸謙一朗

エイ出版社 2005-09
売り上げランキング : 448773
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まず一言。エイ文庫のエイは木偏に世でと書きます。(文字が?と化けたらゴメンなさい)

やはりお勧めは第一部。
雑誌「月刊バイシクルクラブ」に2003年から2005年にかけて連載していたということで知っている自転車好きも多いのでは?

スタイルとしては、自転車の登場する映画を取り上げつつ、自転車についてあれこれ考察してみるというもの。
目次前には「ようこそ阿呆哲学の世界へ」などとありますが、いいトコ衝いてると思わせるのが少なくありません。

男にとってマスト・フィーリングといえる「マタガリモノ」の感性とか、奇数の車輪はやばいとか、自転車は徒歩に比べ何センチか「天界」に近いかも、とか、部分的に抜き出してもなんだかわかりませんが、心の広い自転車好きなら感心してくれる…と思うのですが…。

この独特の視点は、著者が自転車を持っていないゆえかもしれません。
☆☆☆☆-

あと、孫引きですがチャールズ・シュルツの言葉を。
「人生は、10段変速の自転車のようなもの。自分が持っているものの大半は誰も使っていないのだ」

長いので目次は以下に。


目次

第一部 車輪の上 ~自転車はかく語りき~

高尾山とポール・マッカートニー
E.T.と白い弁当
フェラーリと青い山脈
コロッケとラストエンペラー
明日に向かって漕げ!
自転車のりの「ビューティフル・マインド」
ダミアンと赤いトラクター
金田一耕助と流星のサドル
『シティ・オブ・エンジェル』とラーメン屋のおばちゃん
二人乗りはビューティフル!?
「自転車感」を見つけたら
フライングVと子ども用自転車
ケンちゃんと赤いじてんしゃ
モハメド・アリと「野っ原感」
金太郎とマタガリロマンティシズム
男は○○に乗り、トンネルへ……
『ホテル・カリフォルニア』と自転車の特訓
とっちゃん坊やと変速ギア
サイクリストとイカニスト
『自転車泥棒』とヒロシ
「イケズ」な大人と「どんくさ」キッド
おっぱいと自転車とちくわ
ニカウさんとうえさん
アルマゲドンとレジェ・グルニエ

第二部 禅モンド ~笑う門には禅来る~

禅の心とフィッシュダンス
僕がいて君がいる
難問には「かい~の」
「麻三斤」と食いすぎ高校生
「アイセ、イエーイ!」
エリック・クラプトン流「関不徹」
微笑がえし
ゲロを食らうトランス系境地
髪型にも禅は宿る!?
この国には「老婆」が足りない
うんこと鼻くそと禅
「三昧」を生きたチェット・アトキンス
「何も起きなかった」ジョージ・ハリスンの真髄
出会いは大事だよ
秘技・風を感じる男
自問自答の心得
空から男が落ちてきた日
パンツレスと感覚レス
危機! 牛丼への禅的想い
『バーン!』は『喝!』なり
世の中は「油と調味料」で出来ている
犬は「無」なり
「転がし」好きのストーンズ世代
「如く性」と120メートルのイカ
我が心のサムアップ
「なすがまま」の難解状況設定
参道のそば屋で考えたこと

第三部 妄想劇場 ~日記と奈良とロボットについて~

人はなぜ日記を書くのか
戯曲 大人の修学旅行
ロボット対談『俺たちの取説を聞け!』

あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2009/06/28(日) 23:20:52|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/855-855ef4f5