* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『とらドラ10!』竜児、トラックドライバー(トラドラ)になる…わきゃない

とらドラ10! (10) (電撃文庫)とらドラ10! (10) (電撃文庫)
竹宮ゆゆこ/イラスト:ヤス

アスキーメディアワークス 2009-03-10
売り上げランキング : 3564
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これにて完結。
そして竜児がトラドラになるという結末ではありませんでした。
無難な結末と言うところでしょうか。まあ10巻まで来てどんでん返しというのもねぇ。

トラドラは冗談としても、これを読んでいて考えたのが、人生の転機というやつ。
生まれ落ちた境遇からステップアップするための機会として、決して豊かとはいえない自分の経験上から重要視している「就職」と「伴侶選び」。その二つが描かれた作品でもありました。
まあ同意してもらえないかもしれないし、ここでは伴侶といっても結婚はしていないわけで、社会的な契約としては成立してませんけどね。

自分がまだ子供だというもどかしさを抱え込んで、その上での二人の結論はまあ良いところじゃないですかね。

でも大河が見えないところで一人で親と対峙したりしてるのに較べると、竜児はかなり大河に助けられているような…。
やっぱ主役は虎のほうね。


結局タイトルについては謎のままだったなぁ…。
☆☆☆☆-

アニメ版のラストも見ました。
感想と文句は以下に。


ざっとしか見ていませんが、原作とアニメ版の一番の違いは大人というもののイメージではないでしょうか?

たとえば竜児の母親と父親の別れについて、語らない原作と吐露するアニメ版。
留守電に「バイバイキーン」と残すアンパンマン世代の母親のいるアニメ版。
大人は子供の延長なのか?

大人と子供の間にしっかりと線を引いて子供の身勝手と不自由さを突きつける原作と世界の線引きに無関心なまま今を楽しもうと謳歌するアニメ版にはサッカリンとズルチンくらいの違いはありそうです。

今のアニメ屋さんの置かれている状況は経済的に自立することを許されないくらいの環境なのかもしれませんが、そこは大人が作ってるんだからさぁ…(以下略)。


なんというか、小学生の頃、野良犬の子どもを見つけて、預けられる親犬も大人もいなくて、でも友達の誰も引き取る甲斐性はなくて、夕方、みんなで困っている気持ちを思い出しました。
子どもって不自由だよね。
web拍手 by FC2

  1. 2009/06/24(水) 23:25:59|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

コメント

なんだか、あっさりおわっちゃいましたね。三角関係ならぬ四角関係もなんも触れずというか。え、それで終わりみたいな。
担当編集があまりダラダラ続けるのはよくないという方針だったようで、まぁ、英断なのかな。
  1. 【2009/06/25 15:25】 URL | mtkw #- [ 編集]

10巻でほぼ一年ですから、いろいろとキリはいいんですが、書き足りない感は否めませんね。

前作は読んでいませんが、恋愛シミュゲーみたいなモテモテ男子は書きたくなかったということでしょうか。
  1. 【2009/06/25 19:11】 URL | Bettty #- [ 編集]

>恋愛シュミゲー

「田村くん」が積読なんですが、どうもそうらしいですね。この人ってやっぱりゲームシナリオ(エロかな?)出身とか聞きました。そういうのもあってモテモテ男子ってのはイヤだったんすかねぇ?
  1. 【2009/06/26 18:01】 URL | mtkw #- [ 編集]

大河に実乃梨に亜美でかなり状況は恋愛ゲームですが、ま、今書いてもネタとしてはヌルイというのもありますか。

逆にそれを意識しつつさせつつ、あたしゃそれを肥えたのを、もとい超えたのを書きたいのさ、との心意気かもしれません。

次回作にも期待してます。
  1. 【2009/06/26 22:52】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/851-2b67aab5

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。