* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『完全版・本朝奇談 天狗童子』すべてを書いてぼやけることもあり…

完全版・本朝奇談(にほんふしぎばなし)天狗童子完全版・本朝奇談(にほんふしぎばなし)天狗童子
佐藤さとる

あかね書房 2009-02
売り上げランキング : 66072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

二度目の紹介となります(→過去記事参照)。完全版とあるのは終章が足されているからですが、結末が異なるわけではありません。著者はあとがきでは完全版と書かずに軽装版と書いています。分量で言えば(あとがきに倣って原本と軽装版で言うと)原本で2頁にあたる部分を軽装版・終章では28頁分書かれています。といっても全体の頁数が異なりますので比率でいうと、全体の0.65%が8.07%に増量されています。

で、通して読み直すということをしないで、終章を中心に読み足した感想なのですが…
終章は「天狗童子」としての活躍はほとんどなく、この章を加えると物語としてはやや間延びするかな、と。ファンタジー作品としてなら原本の方がまとまっているのではないでしょうか。

ディレクターズ・カットのようなものかと思います。
これは映画『ブレードランナー』が有名ですが、公開されたものを見た後で出されても、なかなか初見のようには評価できません。

どちらか?と言われれば原本と思いますが、終章があるのなら読みたいのもファン心理。
むずかしい問題です。
(で、星は省略)

ちなみに画は村上豊。この本(原本)で2007年に赤い鳥さし絵賞を受賞。

もくじ
 はじめに
第一章 おれはカラス天狗
第二章 焼けこげのカラス蓑
第三章 九郎丸大山へ
第四章 城山の一日
第五章 これはただごとではない
第六章 否含山にきた客
第七章 与平の受けたお裁き
第八章 もう一つの『お家騒動』
第九章 九郎丸と茶阿弥
第十章 不意狐院さま
第十一章 北の寺から南の寺へ
第十二章 いって帰ってきた
終 章 それから……
 あとがき

web拍手 by FC2

  1. 2009/04/19(日) 00:05:28|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/824-c0c0fb2c

はじめまして。

ブログ始めてみました。よろしくです^^
  1. 2009/04/21(火) 11:28:18 |
  2. ☆diary☆

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。