* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『折りたたみ自転車で行くドイツロマンチック街道ひとり旅』う~ん、反面教師

折りたたみ自転車で行くドイツロマンチック街道ひとり旅折りたたみ自転車で行くドイツロマンチック街道ひとり旅
野村芳弘

文芸社 2003-08
売り上げランキング : 465888
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

47歳、ドイツへ自転車に乗りに行く。

初版2003年ということもあってか、自転車部分の記事が物足りません。自転車ブームの今なら、もう少し書き込んでおいてほしいところですが…。
また、「折りたたみ」としてのメリットが、ほとんど活かされていません。1日かけて自転車のみで移動するのなら、折りたたみでない自転車の方が圧倒的に有利でしょう。
 本のタイトルで選びましたが、そこは編集者の判断なのかも知れません。著者は「はじめに」で触れられていますが、自転車でロマンチック街道を行く部分は前半6割程度です。後半はミュンヘンやフランクフルトの旅行記ですが、自転車には乗らないで荷物でしかない感じ。こういう時にこそ折りたたみ自転車が活躍するのではないでしょうか。

本文についても少し。
2001年秋に軽量の折りたたみ自転車アエロを購入した。これは有名なダホン社と同じ20インチタイヤを持つOEM商品で、何よりも後ろのキャリーを入れても11キログラムという軽さと7段変速が特徴だった
「AERO」と書いて「エアロ」と読むのでは?OEM品なら、ダホンと同じなのはフレームでは?

あまりネガティブなことは書きたくないのですが、黙殺してはいけない部分を。

11kgという軽い自転車はいいのですが「ランドナー」とかではなく「折りたたみ」という種類だと多分体重制限があるのではないでしょうか?DAHONのMu-P8が11.2kgですが耐荷重は80kgです。
著者は普段の体重ですでに80kgを越えているようで、さらに荷物があるはず。「15キログラム以上の荷物が常時あって」という記述があったので(P.71)20kg近くオーバーじてる計算でしょう。
本の中ではスタンドが折れただけですが、旅行心得で対人事故の危険性を説いているだけに、自身で加重試験はしないほうがいいでしょう。

あとは写真はもっと欲しいよね。
☆☆---

著者の本職は小学校の教員とか。教師だから伝える技術はあるかと思いきや…書くことの難しさを感じます。却って自分の読みたいことは次々と浮かびました。

目次
はじめに

いざ出発!(7月20日)
ロマンチック街道出発の前日(7月22日)
試練の1日目(7月23日)
麗しのリープリヒ・タウバータル(7月24日)
迷いに迷ってディンケルスビュールへ(7月25日)
雨の中をノルドリンゲンへ(7月26日)
ア・ハードデイズナイト(7月27日)
究極の1日(7月28日)
静かなゴール(7月29日)
もう一つの旅(7月30日)
ザルツブルク紀行(7月31日)
ドイツ博物館、万歳!(8月1日)
いざ、ベルリンへ(8月2日)
復興の都市(8月3日)
花の日曜日(8月4日)
フランクフルトへ(8月5日)
憧れのローレライ(8月6日)
なぜかローテンブルクへ(8月7日)
最後の1日(8月8日)
さらばドイツ(8月9日)
ドイツ自転車旅行心得13カ条

あとがき

あとひとつだけ。わざわざ指摘するほどでもないけど…。


著者はどうもロマンチック街道の語源を誤解している節があります。

「道の両側にはガソリンスタンドや会社などが立ち並び、まるで日本の郊外の国道の様子にそっくりでお世辞にもロマンチックなどとは言えない」(P.29)
「道はそれはそれはひどいもので、牧場の柵と柵の間にあり、大きな石がごろごろして自転車どころか歩くのも困難だった。アルプスの山々をすぐ左に見ながら、(この道のどこがロマンチックじゃい!)」(P.115)

「ロマンティック街道」という名称は、「ローマへの巡礼の道」の意味(→Wikipedia参照)です。
その後、観光地として開発されたようですのできれいなイメージを抱くのも無理はないかもしれませんが、ではそんな部分をロマンチック街道のマップはどう紹介しているのかが読みたかった。
web拍手 by FC2

  1. 2009/04/11(土) 12:18:46|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 【2009/04/12 14:06】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧という形でコメントいただきました。ありがとうございます。

いろいろ問題があることについて、この出版社が「自費出版商法の会社だから」との内容でした。なるほどネット検索してみるといろいろと出てきます。
なるほどねぇ。本を出したい人は、製本されるだけで満足かもしれないけど、いいものをリーズナブルに作ろうとしたら、編集の能力とか金銭関係までチェックしないといけないということですね。

で、読む側も、出版社名まで含めて判断しなければいけないことがある、と。

勉強になりました。
  1. 【2009/04/12 22:51】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/822-199c60f0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。