* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『RIDEBACK』(10完)革命家ではなく舞踏家として

RIDEBACK(ライドバック) 10 (IKKI COMIX)RIDEBACK(ライドバック) 10 (IKKI COMIX)
カサハラ テツロー

小学館 2009-02-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これにて完結。学生運動の象徴的存在としてスタートして、ジャンヌ・ダルクにはならなかった彼女が求めた答えとは?
正直、迷走しながらのストーリーは整理されているとは言い難く…。

最近のコメントで、アニメ版とのライドバック(以下、RB)のデザインの違いに触れましたが、あくまでロボットという印象のマンガ版とバイクに変形するマシンというアニメ版。
作者はRBを踊らせたかったんだと思います。最終話タイトルは「炎舞」ですし。
ただ政治や革命という舞台では踊りたいという主人公は納まらなかったのでしょう。mtkwさんが指摘されたようにバイクレースを舞台にしたらまた違った展開もあったかと思います。その点はアニメの今後に注目?ですかね。いや、見てないんですけど、かなり展開は違うようです。


奇しくもラストシーンはダカール・ラリーを走るライドバックですが、ダカール・ラリーは'08年には中止、'09年は南米での開催となっています。治安問題が原因らしいのですが少し皮肉を込めてなのでしょうか。
でもアニメ版のサイトでバイクに較べて速力で劣り運動性能で優るRBという指摘もあり、ラリーが本来の機能を引き出せる場とは思えません。迷走の後でさらに着地点がブレた感じです。

う~ん。設定を活かせてないのはつらいです。
☆☆☆--

あと、マンガ版は簡単に人を殺しすぎ!話が飛躍できないのは、その呪縛もあると思います。

web拍手 by FC2

  1. 2009/03/16(月) 12:57:11|
  2. arbitrary あちゅ et al.|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

アニメ版はいま10話で、メガネ娘がGGPに強制執行で殺されたってとこです。
エェェェェみたいな展開ですねぇ。これで革命の闘士になってくんでしょうか。焦点がばらつく感じはありますねぇ。
メカがもったいない。
とはいえ、先日死去した加藤周一によるとまた闘争の60年代がくる、ということらしくてこのストーリーはあながちはずしてるとは言いがたいですが。
デモもはやってますしねー。失業は多いし。
80年代に青春を送った自分としては、イマイチ共感できないんですけどねー。
  1. 【2009/03/16 20:44】 URL | mtkw #- [ 編集]

メガネ娘は原作でも殺されますが、アニメではポッと出のキャラじゃないだけにより悲惨ですね。
私が今、読んでいる本でも時代の逆行が書かれています。ただ闘争というより、有給や育児対応などの労働者が獲得してきた権利がチャラになってそれ以前に戻るという感じです。
デモまではしても、闘争する体力は今の学生にはないんじゃないですかね。
  1. 【2009/03/17 22:59】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/803-27b1e2e1

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。