* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『それでも自転車に乗り続ける7つの理由』警察、暗躍!

それでも自転車に乗り続ける7つの理由『それでも自転車に乗り続ける7つの理由』
疋田智

朝日新聞社 2007-08-07
売り上げランキング : 22346
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

というわけで、また自転車本です。

バイク本と自転車本の違いなんかを思うのですが、自転車本ではどうにも交通行政を語らずにはいられなくなるようです。
日本での異常な使用例としてあげられる歩道通行。軽車両でありながら車道を走ると睨まれる状況。
環境が整備されていないのと、本書で取り上げられる警察側の意図あたりが原因と思われます。でも、インターネットでも似たような曖昧さを感じるのですが、ネットを語る本でルール作りに触れたものってあまりないですよね。

で、本書の真骨頂は5章以後、来たるべき自転車社会と今の問題への取組みです。

警察は道路から自転車を締め出し、制限速度を上げようとしているようです。
それでもいいという人はいるかもしれませんが、それでどうなるかを考えてほしいと思います。





考えてくれた?
(ま、すぐには無理か)

すべての自転車乗りと自転車好きに基礎教養として。
(ちょっと硬いけど)
☆☆☆☆-

目次
はじめに
プロローグ 二〇〇七年、自転車の現状とはなにか
第1章 自転車は文句なしに楽しい
第2章 「初心者」を脱するために
第3章 自転車の歴史
第4章 実践! 自転車の愉しみ方
第5章 自転車を社会に活かすための理論武装
第6章 道路は誰のものか?
第7章 警察庁はかくして「パンドラの箱」を開けた
第8章 それでも自転車の時代はくる
自転車に乗り続ける7つの理由
 ――あとがきのようなもの

web拍手 by FC2

  1. 2009/02/26(木) 01:30:25|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

制限速度をあげようとしている>警察。
これは自転車うんぬん関係なく反対ですね。人間が制御するマシンのスピードとして60kmというのはちょっとついてけないスピードかと(高速道路はのぞきますが)。
まず事故が増えるだけでしょう。

日ごろ、道路を運転しててわかるのは「自分がどういう速度で走ってるのか理解してない人たちの多さ」ですね。まぁ、それだけ民衆は愚かという結論なんですが。

(自転車の)走る場所もありませんが、置く場所も無いのもなんとかなりませんかね。それでも京王線沿線なんかはまだマシですが、中央線沿線(国分寺ですが)なんか先陣を切って自転車置き場の排除をしましたからねぇ。

まぁ、誰が悪いのかわかりませんが みんないろいろ考えたほうが良いのは確かですね。
  1. 【2009/02/26 07:19】 URL | mtkw #- [ 編集]

走行速度については15km/hを超えると、ブレーキ時に身体を手でささえられないとか言いますよね。
ホント、想像力の欠如は怖いです。

置く場所についても同感です。

ウチの市でも駅近くのケヤキ並木はクルマの通り抜けなんかさせないで、駐輪スペースにしてしまえばいいと思いますよ。
荷物搬入で横道(国際通り)とかは使えるようにしても中央部分までクルマを通さなくてもいいだしょ。

とにかくクルマがのさばりすぎってことで。
  1. 【2009/02/26 10:30】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/796-d6019814

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。