* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「電化製品列伝」世の家電芸人とはかぶりません

電化製品列伝・「電化製品列伝」長嶋有
 講談社 2008-11-05
売り上げランキング : 75556

Amazonで詳しく見る

自称「さまざまな文学作品の、その中の電化製品について描かれている場面だけを抜き出して熱く語った」書評集。

ちなみに著者の定義では家電とは
・電気料金に関わるもの(ただの電話やラジオは除外される)
・用途を限定できるもの(パソコンが除外される)
付け加えると、「電球」「ラジオ」のようにノスタルジーが織り込まれているようなのは避けてきたらしいです。で、今でも「レコードプレーヤー」や「ランプ」など、アンティークなもの以外のものでいいのがあったら募集中とか。

さて、なぜ電化製品なのか?

少し硬く書くなら、高度経済成長を経て、この世界に増大した「物」は「名前の数」も肥大させた。室内の風景は物と同時に名前という「ノイズ」にも支配されるようになった。そんなノイズの中で、書くべきものと書かないものとの見極めをも表現とするようになったのが、吉本ばななと『ちびまる子ちゃん』以降の世代ではないか、という文学表現への考察である。(「はじめに」と「あとがき」から切り貼り)
凡庸な読み手である自分は、現代小説というジャンルの読み方なのかなぁ、とボンヤリ思いつつ、なるほど、こんな切り口もありか、と膝を打つのでした。

でも、物の名前を明記することで、より強く伝わるかもしれないけど、作品寿命を縮めそうな(知らない製品はイメージが浮かばないかも)家電描写については、現代小説の脆さも感じます。ただ、現代小説は現代美術に対応する立ち位置なのかなと考えると分かった気になれますが…。

家電芸人とはかぶらないとは言っても家電ブームの鬼子なんでしょうね。
☆☆☆☆-

目次
はじめに
川上弘美『センセイの鞄』の電池
伊藤たかみ『ミカ!』のホットプレート
吉田修一『日曜日たち』のリモコン
柴崎友香『フルタイムライフ』のシュレッダー
福永信「アクロバット前夜」のマグライト
尾辻克彦「肌ざわり」のブラウン管テレビ
映画『哀しい気分でジョーク』のレーザーディスク
吉本ばなな「キッチン」のジューサー
生田紗代「雲をつくる」の加湿器
アーヴィン・ウェルシュ『トレインスポッティング』の電気毛布
小川洋子『博士の愛した数式』のアイロン
干刈あがた『ゆっくり東京女子マラソン』のグローランプ
高野文子「奥村さんのお茄子」の「オクムラ電機店」前編
高野文子「奥村さんのお茄子」の「オクムラ電機店」後編
栗田有起「しろとりどり」のズボンプレッサー
映画『グレゴリーズガール』の電動歯ブラシ
花輪和一『刑務所の中』の電気カミソリ
長嶋有「猛スピードで母は」の炊飯ジャー
あとがき web拍手 by FC2

  1. 2009/01/12(月) 20:08:45|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/782-a1f1f8b5

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。