* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「神様の愛したマジシャン」彼のスタイルを確立するまでが読みたい…

神様の愛したマジシャン・「神様の愛したマジシャン」小石至誠
 徳間書店 2008-06
売り上げランキング : 112798

Amazonで詳しく見る

ひとりの少年がプロのマジシャンを目指す物語。ポイントは著者がプロマジシャンだということ。小石至誠という名前よりナポレオンズのパルト小石の方が通っているかもしれません。

著者の師匠は初代・引田天巧とのこと。両者のマジックの雰囲気が違うのは、小説での父親であるマジシャンと主人公の関係にも現れているようです。
自伝的フィクションらしいのですが、手品の世界に関してはまったく知らないといってもいいくらいなので、できればフィクションではなく自伝の青春期が読みたかったなぁ。
(登場人物のモデルとか気になります。特に外国の人)
とはいえ、手品といってもイリュージョンのような大掛かりなものからクローズアップ・マジックという客のすぐ前で見せるものまで多岐にわたっている世界をあれこれ紹介して華やかな舞台とその裏の日常まで描くという、内容はギッシリ詰まってます。

ただ、小説としては見せ場や伏線の張り方とかいろいろ引っ掛かりが…。
☆☆☆--

目次
プロローグ
一年目・Spring
二年目・Summer
三年目・Autumn
四年目・Winter
エピローグ
あとがき

プロローグの前に「シルク・ハット」と「神様のウォンド」という各1頁の短文があります。
web拍手 by FC2

  1. 2008/07/18(金) 23:10:42|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/704-da180618

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。