* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「新・御宿かわせみ」おさまるめぇと下からは読む

新・御宿かわせみ・「新・御宿かわせみ」平岩弓枝
 文藝春秋 2008-01
売り上げランキング : 10388
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「かわせみ」シリーズも明治維新を越えて代替わりです。
前の「かわせみ」でも最期のほうには子どもたちが活躍するようなのですが、最期数冊未読なんですよ。

で、この巻につながる間に
本所の麻生家が襲われ留守居の家族は一人残らず斬殺。それを調べていた畝源三郎も殺害されている。そして神林東吾は船の事故で行方が知れず。

神林麻太郎と畝源太郎、若さゆえの詰めの甘さもありますがなかなかがんばってます。
この巻から読んでも楽しめるのではないでしょうか。

青山に牧場があったなど、『江戸アルキ帖』(杉浦日向子)のような明治アルキ帖とも言える面白さもあります。

主人公たちの過去を溯りつつ、ブランクを埋めてみようかなどと…。
☆☆☆☆-
ちなみに、おさまるめぇと下からは読むのは「明治」という元号です。

参考サイト:御宿かわせみの世界

目次
築地居留地の事件
蝶丸屋おりん
桜十字の紋章
花世の縁談
江利香という女
天が泣く
web拍手 by FC2

  1. 2008/04/14(月) 23:07:02|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/647-8ddac897

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。