* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「先生と僕」これだから現実ってロマンがないよ

先生と僕・「先生と僕」坂木司
 双葉社 2007-12
売り上げランキング : 99383
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

探偵と聞き役は中学生と大学生。頭のいい中学生って生意気この上ないような存在ですが、そこはまあ大学生がとりなしたり、とりなさなかったり…。
今回、聞き役の大学生には写真的記憶という5秒かければイメージを固定できるというワザがあります。小道具みたいに使われてる感もあって、この能力よりは怖がりの想像力を前面に出してもよかったかな、と。

そうそう、「先生」ですね。この中学生がミステリ好きで、ミステリ研に入った大学生の読書の先生ということです。
実は読書案内としても読めるというのもウリでしょうか。
特に殺人の出てこないソフトミステリが好きな人はチェックしてみてはどうでしょう。

タイトルは三話内のセリフから。
現実にはロマンもないかわりにそうそう殺人も起きません。しかし、ロマンはなくとも人情や友情があったりするという話を語ってきた作者にしてはシニカル。

特に五話はミステリになってないと思うのですが…。
☆☆☆--

Contents
一話 先生と僕
二話 消えた歌声
三話 逃げ水のいるプール
四話 額縁の裏
五話 見えない盗品

ミステリはお好きですか?


初出は「小説推理」。二〇〇六年三月号から二〇〇七年三月号まで飛び飛びに。
二話は原題が「二人の少女」。
web拍手 by FC2

  1. 2008/04/07(月) 18:59:35|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/643-ecf061c3

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。