FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

病気を避けようと神経質になり過ぎない

4167248395面接は社長から―読むクスリ〈31〉
上前 淳一郎

文芸春秋 2002-03
売り上げランキング : 136,707
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
神経質になりすぎると緊張が高まり、かえって病気になりやすいから。そんな時には読むクスリ?!■面接は、社長から。面接官は自分より優秀な人間を採用することはできないから。■ボリショイ劇場は傾いている。経営ではなく、広く見せるために舞台が。■イタリアの古い諺に、おいしいサラダを作るには三人の人間が必要。オリーブ油は贅沢な人に、酢はけちな人に、塩は天才にまかせろ。■本屋でトイレに行きたくなるのは、マブタを伏せて半眼になって本を読む姿勢が交感神経をOFFにして緊張がほどけるから。ただし30分以上必要。■モチがのどに詰まったら?水を飲む、ネギで押し込む、掃除機で吸い出す。■木の実が赤く色づくのは、鳥に見えて虫に見えにくい色だから。昆虫の可視領域は紫外線側にずれている?!■「髭寄せて頬擦りは、山葵おろしににぬきの玉子、痛そな顔のいたいたし」。浄瑠璃ならタイトルは?最後「愛は真心、恋は下心」出典は?■二人の子供が一つのケーキを分けるために古くから使われている方法、知ってます?民事裁判で判決より和解が選ばれがちな昨今、知っておきたいアイデア。答えは…一人がケーキを切り、もう一人が選ぶ。

今回、上の以外にもいろいろと面白いのが。最後に?が出るのは"引き"なのか、手抜きなのか?
特に「愛は…」は「SEASIDE WOMAN BLUES」にも使われて、以前から気にしてるフレーズ
★★★★-

前巻へ
web拍手 by FC2

  1. 2005/07/05(火) 23:17:43|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/64-bd34e4ae

  

↓Amazon ツン読リスト↓