* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「叡智の断片」失言・迷言ではなく名言を求める人に

叡智の断片・「叡智の断片」池澤夏樹
 集英社インターナショナル 2007-12
売り上げランキング : 18993
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「ミッテランには百人の愛人がいる。その中の一人がエイズなのだが、それがどの女か彼は知らない。ブッシュには百人のボディガードが付いている。その一人は実はテロリストだが、それが誰か彼にはわからない。そして私には百人の経済顧問が付いていて、その一人は優秀なはずだが、それが誰だか私にはわからないんだ」とこれはゴルバチョフの言葉。

あるテーマについての引用を解説しながら紹介するという『月刊PLAYBOY』連載のコラムをまとめたものだそうです。
著者が言うように「日本人は著名人の発言や小話の類を引用しない」せいか、この手の文章は珍しい。(「フー・アー・ユー? 」てのが最近出ました。…迷言集らしいですが未読)
エスプリとかユーモアとか、時にいかがでしょうか。

私が気に入ったのは以下。
「神様は富というものを軽蔑していらっしゃるから、ロクでもない奴にしかお与えにならない」
これはオースティン・オマリーという作家の言葉。

そういや昔、読んだジョークで今でも覚えているのも税務署の人が出てくるものです。
どの発言が気になるかで、その人のコンプレックスも見えてくるのか?
ちょっと怖いかも。

コラムは継続中。待て!次巻!
☆☆☆☆-

目次とか長いんで以下に。


目次

政治家たちよ!
リッチマン・プアマン
映画について、主席に言うべき二、三のこと
マルクス兄弟主義宣言
TV! TV!
科学者を信用しよう
愛国心について
結婚の真実
旅に出よう
死について
酒飲みの言い訳
口腹の幸福
戦争ですよ
悪口は楽しい
言葉、言葉、言葉
成功の甘き香り
愛と嘆きの自動車
作家という奇人たち
モンローマニア
スコットランドの人と土地
恋の季節
老人たちよ
王さまは大変だ
組閣しましょ
看板に偽りあり
魅惑と疑惑のアメリカ
お絵描きの時間
暖かいですね
罪と罰、犯人と警察官
嘘ばっか!
我が師の恩
自殺の誘惑
ナウ・ユー・ハズ・ジャズ
イギリス人は…
アメリカ人のお買い物

あとがき


■日本人が引用しない理由というのが好みは言っても意見は言わないからと厳しい。
ただ、果たしてそうか?
引用が飾りであるのは、「ほら、この人もこんなことを言っている」と意見をむき出しにしないで和らげるためではないのか。
ならば、日本人らしい引用とは好みの中に意見を混ぜ込んでスパイスを効かせることかもしれない。ただ、それほど言葉に頓着しなくなったかもしれないし、教養もなくなっているかもしれないが…。

ことわざや百人一首を用いるのと誰某の発言を引用する国民性の違いはさてどこから?
web拍手 by FC2

  1. 2008/03/25(火) 18:34:23|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/636-591399ae

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。