* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「きまぐれ学問所」ホントに『きまぐれ』で選んだ一冊

きまぐれ学問所 (角川文庫)・「きまぐれ学問所」星新一
 角川文庫(角川書店)1989-06
売り上げランキング : 322846

7&Yで詳しく見る

角川から出ている星さんのエッセイは目を通していたと思っていたが、初見。平成元年の頃はたしかに一番遠かった頃かもしれない。

内容はテーマ別に数冊を読んでの読書ノート。
古めかしくて読めないという章がないのはさすが星新一か。
過去の未来論を並べた「つぎの未来は」でさえ、20年経っても視点の変化は大きくない。社会が停滞していたとも言えるだろうが…。

個人的には「老荘の思想」がタイムリー。前の記事「ボランティアオヤジ」でも取り上げられていてちょっと気になっていたところ。Wikipediaによると「儒教のモラルに疲れた時、人々は老荘を思い出した」とある。時代なのかもしれない。ここを読んでいる人も一つくらいは知っていると思う。「上善は水のごとし」これが老子の言葉。

著者の執筆時年齢が六十歳を越えているせいか、私が歳を重ねたからか、過去に持っていた星新一イメージより人間臭く、ちょっと偏屈なところが見える。とはいえ、この時期に「星新一 一○○一話をつくった人」(最相葉月)を読まずに、この本を手に取る自分も素直ではない。これこそ文化的遺伝子かもと思い一人で悦にいる。

没後十年、いまだ存在は大きく。
☆☆☆☆-

目次

つぎの未来は
ジプシーとは
『文章読本』を読んで
凧のフランクリン
ファシスト人物伝
人生について
エスキモーとそのむこう
老荘の思想
発想法、あれこれ
李白という人
フィナーレ

あとがき
web拍手 by FC2

  1. 2008/02/09(土) 20:09:54|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/606-02996fed

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。