* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「包帯クラブ」あなたの大切なものを守れますか?

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)・「包帯クラブ The Bandage Club」天童荒太
 ちくまプリマー新書(筑摩書房)2006-02-07
売り上げランキング : 14487
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「これは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした、世界の片隅の、ある小さなクラブの記録であり、途中報告書だ」
ここで「戦わない」というのは武力放棄ということではなく、守ろうと戦っているうちに、いつのまにか別の大切なものが失われているから、という(苦い)経験からの学習らしいです。戦っているヒマなんかない、ということでしょうか。

映画にもなったので、ご存知の方も多いと思いますが、このクラブの活動内容は…
傷ついた人の、傷ついた場所に、包帯を巻きにいくということ。そして<手当てした風景>を、デジタルカメラで撮影し、相手のアドレスへ送る。報酬はいただかない。

このクラブがどう始まって、どうなっていくのか。興味があればご一読を。


需要があって供給がある。これは自然な流れかもしれませんが、心の傷へのケアはいつ頃から他人に委ねるようになったのでしょう。
過労死、ハラスメントが盛んなストレス社会であり大競争社会でもある現在。地縁、血縁が崩壊し、一億総中流から格差社会へと変貌した世の流れと無縁ではないのでしょう。…多分ね。
傷が癒えるまで待っていてもらえない、癒える前に次の傷がつくと、自分で傷を治してなんかいられないんでしょうか


今回、星はパス。どうも微妙に対象から外れそうな気がして…。
何が大切か、なんて高校生のときには分からなかったなぁ。

全17章です。しかし、目次もないので章タイトルは省略。
web拍手 by FC2

  1. 2008/01/22(火) 23:25:27|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/597-dc957af4

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。