* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「みんな一緒にバギーに乗って」こどもと一緒に歩いていく

みんな一緒にバギーに乗って・「みんな一緒にバギーに乗って」川端裕人
 光文社 2005-10-20
売り上げランキング : 144605
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

区立桜川保育園での出来事を保育士目線で描いた物語。
保育とはどういうことか、そこで男性であることは女性の場合とどう違うのか、保育園見学のような感じで読めました。

父親の育児参加がかなり言われるようになりましたが、父親の役割は母親のそれより曖昧な印象があります。その点、男性保育士の登場する本書は参考になりそうな…気がするなぁ。
なにぶん、未体験なんで実感はないんですがね。

こんな本を求めていたという人が少なからずいるはず。
☆☆☆☆-

目次(と少々)
1 光の中のお散歩(プロローグ的に不思議な出会いを)
2 めだかの学校(新人保育士、田村竜太はまだ最初のハードルを越えられず…)
3 コロチュ(竜太は園児のコロチュという言葉が気になる。その意味は?)
4 ナウなヤングの王子ちゃま(竜太の同期、秋月康平は竜太とはまた違うタイプで)
5 蝉の鳴く屋敷林で(プロローグを受けるかたちでの幕間的に伝説の不審者出没)
6 ハチオオカミはふーっと吹く(3人目の新人保育士、中島ルミは没個性的か?)
7 妖精の棲む小さなおうち(しっかりものの大沢恵子だが悩まないわけではなく…)
8 元気せんせい(久保佐智子が産休で天野元気が臨時職員でやってきた!)
web拍手 by FC2

  1. 2008/01/16(水) 23:23:22|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/594-9c1e458b

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。