* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「機動戦士ガンダムUC」ユニコーンは汗血馬か?血の汗を流して、戦え、ガンダム!

機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下) (角川コミックス・エース 189-2)・「機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日」(下)福井晴敏/イラスト:安彦良和/メカニックデザイン:カトキハジメ
 角川コミックス・エース 189-2(角川書店)2007-09-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

ニアミスから起きた戦闘。しかし、コロニー内にMSクシャトリヤを乗り入れた短慮がマリーダ・クルスに更なる悲劇の幕を開かせる。
コロニーに穴が開き、バナージはオードリーのためにメガラニカへ向かう。そして父、カーディアスからユニコーンを託される。
封印は解かれた。『ラプラスの箱』への道は開かれるのか。

いくつかの引っ掛かりを。
■いよいよユニコーンが起動し、いきなりですがデストロイモードが発動します。ちょっとユニコーンモードで話を引っ張らないの?などと演出に文句を。デストロイモードが長続きしないのなら、後に放心してる場合じゃないでしょ。オートで逃げ回るのが「La+」モードとか?

■ユニコーンには、主役であるバナージが乗るわけですが、生体認証か何かでバナージしか使えなくなります。ここらも兵器としてのガンダムではない、ワン&オンリーなスーパーロボット臭さを感じます。

■スパロボ臭さと同根かもしれませんが、主人公がビスト財団とつながっているとか、ロンド・ベルのリディ・マーセナスが政治家一族の嫡男とかあの姫様とかやたらと血縁が絡むのはどうなの?貴種流離譚てのは日本における物語文学(小説)の原型(折口信夫)らしいんですが、ちょっとやり過ぎな感じがします。

■表紙のガンダムはそうでもないんですが、挿絵とか安彦さんの描くガンダムではV字センサーが正面から見て盛り上がってるんですよね。1本角が開いたのならフラットでしょ。1stっぽいイメージにこだわりすぎじゃないでしょうか。
あと変形でいうと側頭部は回転するようですが、マスク部分はどう動くんでしょうね?
ここも無理矢理、1stっぽいイメージに近づけてるようでいやらしい感じ。

■あとひとつ、これはただの言い掛かりですが、V字センサーは初めから金色でもいいのではないでしょうか?なんか配色がねぇ…。白いMSでいうとトールギスはカッコいいと思うんですが、両者の違いはなんですかね?

まだ半信半疑です。
☆☆☆--
『機動戦士ガンダムUC』 次回、『赤い彗星』。
君は生き延びて何を為すのか…?
web拍手 by FC2

  1. 2007/12/14(金) 19:48:31|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/573-600be410

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。