* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「とらドラ4!」明るく、元気に、一生懸命!

とらドラ 4 (4) (電撃文庫 た 20-6)・「とらドラ4!」竹宮ゆゆこ/イラスト:ヤス
 電撃文庫 た 20-6(メディアワークス)2007-01-06
売り上げランキング : 1902
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

夏休み最大のイベント。川嶋家別荘での5人。
(以下、ネタバレありまくりなんで未読の方は読まないでちょーだい)

竜児と大河。ワケあって真剣勝負ゆえ、どちらかがもう一方に完全協力。…となったら、大河がメインになるのかと思いきや、竜児メインってのがちょっと意外。

で、いつも通りの竜児視点でピックアップされるのが、みのりんこと櫛枝実乃梨。
今回、太陽のような彼女の激辛嗜好とか家庭環境とかさまざま明かされます。
4巻の主役といってもいいのでは?

夜に語る高校生とか、あるあるな感じもグッド!
いやもー懐かし恥ずかしな展開ですね。高校生、かくあるべし!

竜児、がんばった!一歩も二歩も前進だよ。
☆☆☆☆☆

巻頭カラー口絵は「夏休みの過ごし方~8月某日、天気・快晴~」。
ちなみに、pm19:00って言う午前午後表記と24時間表記の混在はどうかと思うぞ。
あと口絵最後の水着は川嶋はやせすぎだと思うんですが…。絞りすぎた?

タイトルの「明るく~」は林家三平が息子、正蔵に聞かせたという芸の奥義ですと。

以下、「饅頭怖い」について少々。


作中「まんじゅう怖いメソッド」というのが出てきます。落語の「饅頭怖い」に倣って、怖い怖いと公言していれば、誰かがイタズラ心で驚かせてくれるだろう、という願望実現手法。怖いと言いつつ好きなわけですが、好きすぎて怖いというのもあると思います。

好きだから気になる、平常心を失う。好きだからこそ、相手の一挙手一投足で自分の気持ちがアップダウンする。好きというだけで自分のコントロールを握られたようになる。
たきゃすきゅんは多分、みのりんがとっても怖いと思うのですよ。

まんじゅうに話を戻すと
「あのまんじゅうを食うためなら、俺は人を殺めてしまうかもしれない」
それほど好きだったら同時に怖いだろう、ということです。

ま、こんな「饅頭怖い」もあるかな、と。
余談です。 web拍手 by FC2

  1. 2007/10/19(金) 00:47:54|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

お~、ついに4巻まできましたか。
この話、誰が誰を好きで、どうのっていう話じゃないと思うのですが、、どうでしょう?
竜児は「みのりんが好き」といってますが、別にみのりんとどうの、、となる話じゃないし(大河ともどうもなってませんが)、「大河も北村が好き」といってますが、別に大河と北村だってどうなるって話でもない。

無論、竜司と大河の話なんでしょうけど、「LOVE」じゃないすよね、この二人の関係って。ま~、あえて言えば友情とでもいうか、、。(とはいえ、話は「LOVE」になだれこんでいくと思いますが、、お約束として。)

だから「恋のトキメキ」とか「胸キュン」とかは不在なわけで、、。

ここに「セカチュー」とか「セカイ系」で盛り上がった「恋愛」の終焉を感じるのですよね。
この1作品でどうの、、と言いにくいんですが、、世の流れとして。どうも「恋愛」が胡散臭いものだってのがいよいよ浸透してきた証左とも思うというか(無論、一部の識者に 笑)。

好きとかLOVE以前に人間にはいろんな感情や価値観があって、まずそっから始めよう、、という気運がこの作者ふくめ(意識してるかどうかは知らないけど)いろんな、漫画や小説に出てきてると思うんですよねぇ。「からくりオデット」なんかも そんな感じがするんですよ。

まぁ~、少女コミックとかの過激漫画でLOVEを消費しつくしてしまっただけかもしれませんが。

じゃぁ、「LOVE」じゃなけりゃ、なんなんだ?というと「生活」なんじゃないかと思うんですが。
  1. 【2007/10/19 10:08】 URL | mtkw #- [ 編集]

ジャンルを変えてしまうと同列には論じられませんが、いわゆる月9ドラマで'06年に「西遊記」が放映されたあたりから、「トップキャスター」「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」そして今度の「ガリレオ」とポツポツと脱恋愛は進行しているようですね。

それが消費された(飽きた)ためなのか?そして次は「生活」なのか?

「東京ラブストーリー」から四半世紀以上経ちますから、消費されたというのはもちろんあると思います。

> 好きとかLOVE以前に人間にはいろんな感情や価値観があって

そこに戻るというのも退行してるような…。
恋愛が魅力を失っているとはいえ、一番の他者というのは異性だと思います。
わかりあえないけど、共存していかなければいけない存在。

最終的に、同性同士のジュブナイルでは分かりあって終われますよね。
分かりあわないことも多いとは思いますが、
「話せば分かる」という単純な結末も多いと思います。

ま、「とらドラ!」は同性同士ではないんですが…。
馴れ合って決着してほしくはないと思ってます。
  1. 【2007/10/20 20:35】 URL | bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/525-b5812821

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。