* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「大人は愉しい」大学教授の知的対話…ヒネリはないが面白い

大人は愉しい (ちくま文庫 (う29-1))・「大人は愉しい」内田樹鈴木晶
 ちくま文庫(筑摩書房)2007-08
売り上げランキング : 4234
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

単行本副題は「メル友おじさん交換日記」(単行本初版'02年冬弓社)だったそうです。
(本題は変わらず)
こりゃアカンやろってなタイトルですが、本題だけでも的を射てはいない感じでどーしたものか。ただ、この記事タイトルで使った「知的対話」てのも手垢が付いた感が否めなく…。

二人の共通点は多く、東京の進学校に通い、一年違いで東大の文科Ⅲ類に入学、ロック(鈴木)やジャズ(内田)のバンドをやり、学生運動に関わり、しばらくして党派的な政治からは逃れ、露文(鈴木)仏文(内田)に進んで「反時代的」な主題に没頭し、学者になり結婚し娘が一人(内田さんは離婚も経験)。興味があるのは「精神分析理論による物語分析」で海の見える街に住んで、美食と美酒をこよなく愛する時代遅れのスモーカー。
それでも知り合ったのは互いにホームページを開いた後、共通の知人にサイトを紹介されたからというのが奇遇なような、そうでないような。

「ほんとうの私」というのが近代的な物語の一つで、そろそろ耐用年数の限界では?とかコミュニケーションの型としての respect と decency 、「ナカトッテ」的調停法など面白い話題は数々。

ただ、対話だからかネット記事だからか、二分するなら「ランダム・アクセス」系の情報で「シーケンシャル・アクセス」系の知ではないので(これ、本文でも立花隆の提唱する「ユービキタス大学」への反論で出てくるんですが)なんとなく半端な印象。これは受け取る自分の浅さが表れてしまってるということでしょうが、ネットで週イチくらいで読むとよかったのかもしれません。

この手の話題(目次を参照してください)が好きな人は一読を。
☆☆☆☆-

目次は続きに(長いですよ)。


目次

はじめに 内田樹(以下、<内>)

ウェブ日記をめぐって<内>
ウェブ日記とカラオケ 鈴木晶(以下、<鈴>)
対話と論争<内>
他者とコミュニケーション<鈴>
他者と呼びかけ<内>
正義と「間」<鈴>
映画的身体と政治的身体<内>
他者の痛み<鈴>
サスペンスと感情移入<内>
さらに感情移入について<鈴>
忠臣蔵とアンチ・オイディプス<内>
日本の「父」<鈴>
天皇制と女性原理<内>
父親の復権?<鈴>
母性の危機<内>
母性の再生<鈴>
フェミニズムとありうべき親<内>
無敵のイズム<鈴>
知性と信仰<内>
核家族と老人<鈴>
核家族の終焉<内>
家族と教育<鈴>
凡人変人教育論<内>
『お茶漬の味』<内>
エリート教育をめぐって<鈴>
師弟関係とタルムード<内>
分析関係と仮面<鈴>
「ほんとうの私」の功罪<内>
インターネットと大学教育<内>
書物とインターネット<鈴>
在日と共生<内>
在日問題と日本の均質性<鈴>
大学と学問<内>
大学の使命と理想の教師<鈴>

おわりに<鈴>
web拍手 by FC2

  1. 2007/10/01(月) 00:54:38|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/510-014ac996

共生共生(きょうせい・Symbiosis、元の用字は共棲)とは、複数種の生物が相互関係を持ちながら同所的に生活する現象を指す。一般的には相互に利益を与えあう相利共生が有名で、日常語として共生という場合はこれを指すことが多い。転じて、経済学上の異業種業務提携等もこ
  1. 2007/10/04(木) 08:59:31 |
  2. 環境用語

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。