FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

「塩の街」派生する状況に目をつぶって突っ走るのがラノベ

塩の街―wish on my precious (電撃文庫)・「塩の街―wish on my precious」有川浩/イラスト:昭次
 電撃文庫(メディアワークス) 2004-02
売り上げランキング : 116176
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

著者、自衛隊シリーズってんですか、最近「本編大幅改稿、番外編短編四篇を加え」ハードカバーで刊行されましたが、その元の電撃文庫版です。
さらには、第10回電撃大賞<大賞>受賞作にて有川浩のデビュー作。

東京湾に空から塩の隕石が落ちてきたときから、人間が塩になる現象が始まった。
崩壊寸前の東京。弱者であることを思い知らされる少女と彼女を保護する男。
二人の前をいろいろな人が通り過ぎていく。

そして、男の過去がささやく。
「世界とか、救ってみたくない?」

雰囲気はラノベですが、設定で、ヴォネガットの「猫のゆりかご」とかを思い出しました。
ほとんど忘れてますけどねぇ。

「猫のゆりかご」といっても、東京国立で子猫の保護と里親探し、親猫の避妊、去勢手術などをしているボランティア団体ではありませんよ。

つまらなくはないが、でも著者のもっと面白いのを読んでるとなぁ…今イチ!
☆☆☆--

タイトルの「派生する状況」は例えば、動物はどうしたとかヒトが立つのは動的平衡状態なわけで、それでも塩の柱は立ち続けてるのか?とか。
細部の積上げが世界を作るんですけどねぇ。望まれてないんでしょうね。
ハードカバーもチェックしないといけないとは思ってます。そのうちにね。


Scene-1. 街中に立ち並び風化していく塩の柱は、
           もはや何の変哲もないただの景色だ。

Scene-2. それでやり直せるって言ったんじゃねえのかよ。

Scene-3. この世に生きる喜び
          そして悲しみのことを

Intermission ―― 幕間 ――

Scene-4. その機会に無心でいられる時期はもう過ぎた

Scene-5. 変わらない明日が来るなんて、
       もう世界は約束してくれないのを知っていたのに。

Scene-6. 恋はもっと幸せで甘いと思っていた。

Scene-7. 君たちの恋は君たちを救う。

web拍手 by FC2

  1. 2007/09/05(水) 11:48:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

  

コメント

>猫のゆりかご

おぉ、こういうのちゃんとあるんですね。こういう動きがもっと広まってほしい、、こういうところから犯罪撲滅は始まると思うんですよね。

それはともかく、ヴォネガットかぁ。なるほどねぇ(いや、読んでないんすが)。いわゆるSF黄金期の作品を換骨奪胎して再構築しなおす、、のが今のラノベでもあるのかな、、と。

これも一応セカイ系ですよね。まぁさすがにもういいや、、という感じもしますが、、。「イリヤ、、」でおなか一杯というか。
  1. 【2007/09/05 13:30】 URL | mtkw #- [ 編集]

「猫のゆりかご」については精神的協力しかできませんが、がんばってほしいな、と。

セカイ系は少し落ち着いた感じでしょうか。韓流とか、シンプルなのは下火なようです。次はなんなのか!って、まあどーでもいいんですが。

もう少ししたら「とらドラ!」いきます。
(図書館で発見しました)
  1. 【2007/09/05 23:15】 URL | bettty #- [ 編集]

ら、、ラノベ図書館(笑)

ポストセカイ系といえば東ヒロキが「ギーク・テイスト」ってので模索してるようですが、、どうもピンとこないですね。

ポストツンデレはどうやらヤンデレで決まったようですが。
  1. 【2007/09/07 09:01】 URL | mtkw #- [ 編集]

ギーク・テイスト?ヤンデレ??
…わかりません…。変人がポストセカイとなるのか?

ヤンデレは「はてな」で例に挙げられてるの読んだことないのと、黒いのはゴメンなさいなんで、今後とも避けたいっす。

解説か、ネット上で判りやすそうな説明があればアドレスを是非!
  1. 【2007/09/07 21:45】 URL | bettty #- [ 編集]

すんません、ギートステイトでした(全然違う!!笑)。

下記です。ポストセカイ系、、だとか。どうもピンとこないんすが、、。
http://blog.moura.jp/geetstate/

ヤンデレはあれですね、「ひぐらしのなく頃」ですね。自分も正直、疲れるのはいやなんでおっかけてないんですが、、。女の嫉妬は相手所かまわず、、というやつが病的になったやつというところでしょうか。
本田透あたりだと「めんじょ」つまり「めんどくさい女」がヒットということらしいですね。
現実だと相手してられないけど、2次元だと妙にリアリティが増して「良い」らしいです。
面白かったのが、「母親はめんじょだ!」っていうのがあって、爆笑しましたけどね。世の母親に言って聞かせたい(笑)
  1. 【2007/09/07 22:43】 URL | mtkw #- [ 編集]

ギートステイトですか。東浩紀って読んだことないんですよね。
桜坂洋もなんですが「よくわかる現代魔法」は図書館にありました。さすがラノベ図書館…。
ギートは「現代魔法」とちょっと違って、「All You Need Is Kill」か「スラムオンライン」のノリらしいんですが、読んでみようかな?

「世界の形が変わればまた、私たちの心のあり方も変わるだろう」てのは、イスラムとか見てると判らなくもないんですが、さほどのこともなかろうと思うんですよね。
奇形化が進行すると存続できないでしょうし…。

2045年てのは遠いですね。38年先ってのはまだ自分がいる可能性も少しだけありますが。このところの停滞を考えると過去20年くらいの変化という認識なのかもしれません。

まだよく見えませんねぇ。ギートステイトですか。東浩紀って読んだことないんですよね。
桜坂洋もなんですが「よくわかる現代魔法」は図書館にありました。さすがラノベ図書館…。
ギートは「現代魔法」とちょっと違って、「All You Need Is Kill」か「スラムオンライン」のノリらしいんですが、読んでみようかな?

「世界の形が変わればまた、私たちの心のあり方も変わるだろう」てのは、イスラムとか見てると判らなくもないんですが、さほどのこともなかろうと思うんですよね。
奇形化が進行すると存続できないでしょうし…。

2045年てのは遠いですね。38年先ってのはまだ自分がいる可能性も少しだけありますが。このところの停滞を考えると過去20年くらいの変化という認識なのかもしれません。

まだよく見えませんねぇ。
  1. 【2007/09/08 12:12】 URL | bettty #- [ 編集]

そうなんですよねぇ。どうもようわからん、、というか>ギート・ステイト。東浩紀って評論家ですし。ホラー小説の評論集は読みましたが、、。

世界観とキャラをばらかして、どうにでも組み立てられる、、というレゴ感覚が売りなのかな?その程度ですかねぇ。
  1. 【2007/09/09 17:31】 URL | mtkw #- [ 編集]

『東浩紀はセカイ系の先駆として、「世界をコントロール可能なものとして捉えるような」神林長平のSF作品』として挙げているようです(Wikipedia)が、ギート・ステイトは著者を複数化することで、アウト・オブ・コントロールな世界を作ろうとしている、と考えるといいんでしょうか。
ただ、それだと只の反動でポストという風でもないような…。

テキストをていねいに追えばいいのかもしれませんが、モニタではあれだけの文章を読む気になりません。ま、プリントアウトする気もないんですが…。
  1. 【2007/09/09 21:46】 URL | bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/487-ddfa053e