* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「レインツリーの国」う~ん、面白いけど、苦手ジャンル

レインツリーの国・「レインツリーの国」有川浩
 新潮社 2006-09-28
売り上げランキング : 10483
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「図書館内乱」からのスピンオフ作品。とはいえ雰囲気は全然変えて、至極まっとうに恋愛モノをやってます。順番として「図書館内乱」の次に読んだので、設定はわかっていましたが、これから読む人もいるかと思うので詳細は避けておきます。

話は…
向坂伸行はふとしたはずみに十年以上前に読んだライトノベルの感想を書いたサイトを探してみた。あのラストは一体なんだったんだという気持ちで…。
そこで出会った「ひとみ」。二人はそれから…。

このラノベが笹本祐一の「妖精作戦」シリーズを想定しているらしく、同じくこのシリーズを読んでラストが小骨のようにひっかかっている人は是非。
私は読んでないので、この機会にとも思いましたが…4冊もあるとなぁ…長期休みとかあればまた考えてみます。

話は面白いのですが、恋愛モノってどうも生理的にダメで個人的に☆を減らしてしまいました…。この本を大好きな方、ごめんなさい。
☆☆☆☆-

恋愛モノについて言うなら
著者の「空の中」に「個人対個人の関係が絶対じゃないことくらい君らの年ならもう分かるでしょ」と言うセリフがあります。
でも、その絶対が前提なのが恋愛なわけで…。私が擦れてると言われりゃその通りなんですが、あんまり入れ込んでるのはちょっとね。

一応記録の章タイトル


直接会うのが駄目やったら、
せめて電話だけでもどうかな。


「……重量オーバーだったんですね」


傷つけた埋め合わせに
自信持たせてやろうなんて
本当に親切で優しくてありがとう。


「ごめんな、君が泣いてくれて気持ちええわ」


歓喜の国


web拍手 by FC2

  1. 2007/07/07(土) 00:34:38|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/443-3b90e4d0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。