* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「悪と不純の楽しさ」とりあえず抱え込む一冊

悪と不純の楽しさ・「悪と不純の楽しさ」曽野綾子
 WAC BUNKO(ワック) 2007-05
売り上げランキング : 101001
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

WAC BUNKO といいますが、新書サイズです。で、内容は'94年刊行の同タイトルの再録。
再録といっても色褪せることもなく、今でも充分、通用する内容です。

ひとつには性悪説の立場にいる著者が(それはカトリックであるということと同じだが)目を引くくらいに世の中に性善説がはびこっているからかも知れません。

更には、著者が世界を飛び回って見聞きしたことは、あまり報道されない分野であるということも…。

実は、上の二つは同じ根っ子なのかなとも思います。性善説の立場だといろいろと手を抜けますしね。手を抜いていてほしいという人たちと、「楽」ということこそ生活が進歩することだと刷り込まれた人たちがいて、報道もまた世間の枠にはまっているということでしょう。誰かの意図ではなく、日本人の性癖かもしれませんがね。

世界の視点から見ると、寺山修司の発言も「思い上がり」に取られかねないというのは面白いと…思えますか?
人を判断する試金石になり得る一冊でしょうか。
☆☆☆☆-

『キリスト教では、愛は、心から自然に愛することができる場合ではなく、むしろ意志によって、「愛していればそうするであるような行動を取ること」を言う』(P.217)
という言葉にちょっと感動しつつ、でもキリスト教の激しさが世界を蹂躙したこともあるよなぁとも思ったり。

思ったより、長くなったので目次は以下で。



目次

新版まえがき
ヒューマニスト勲章
荒野をさまよう
代理謝罪
身を捨つるほどの祖国はなしや?
サル並み? サル以下?
スポーツの犠牲者たち
死ぬほど嬉しかったこと
霊廟・マッキンリー
赤ちゃんつき秘書
病醜のダミアン
風景の一面
精巧絢爛豪華金ぴか
昔話としての戦争
秀才のおかげ
単なるもの盗り
指導者・モーセの怒り
羊を殺す日
舌戦のすすめ
復讐の方法
ピアース氏の道
背と腹の関係
それとなく別れて住む優しさ
web拍手 by FC2

  1. 2007/07/05(木) 23:33:30|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/442-9dcc91b1

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。