* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「図書館戦争」舞台は武蔵野!

図書館戦争・「図書館戦争」有川浩
 メディアワークス 2006-02
売り上げランキング : 3023
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる「メディア良化法」とそれに対抗することを期待された「図書館の自由法」。前者の法を執行するためにメディア良化委員会が設置され、それに敵対する公共図書館は警備隊を持った。
物語は両法施行後三十年、図書防衛員の練成本拠地、関東図書基地(武蔵境にある)から始まる。

新図書隊員の笠原 郁(いく)。同じく新図書隊員の柴崎 麻子(あさこ)。ただし郁は防衛員志望、柴崎は図書館員志望。
状況はマトモではありませんが、「月9連ドラ風」と著者がいうように青春モノよりちょい上世代の小説です。恋愛要素もありますし…。

他、堂上 篤(あつし)二等図書正(教官)、小牧 幹久 二等図書正(教官)、手塚 光一 一等図書士、稲嶺 和市(かずいち)関東図書司令、玄田 竜助 三等図書監などをレギュラーに戦争開始です。

今年度本屋大賞ノミネート作品。まだ続くので大賞を取れなかったのは仕方ないのでしょう。
図書委員、必読!?
☆☆☆☆☆

目次(『図書館の自由に関する宣言』が、まんま目次になってます)

一、図書館は資料収集の自由を有する。
 背景説明と訓練時代と堂上教官

二、図書館は資料提供の自由を有する。
 クマ殺し笠原と館長代理と所在不明図書

三、図書館は利用者の秘密を守る。
 連続通り魔殺人と手塚の告白と稲嶺司令

四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。
 「子供の健全な成長を考える会」と大人のケンカ殺法と「週刊新世相」折口マキ

図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。
 「日野の悪夢」と情報歴史資料館と麦秋会

web拍手 by FC2

  1. 2007/06/23(土) 20:03:58|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/433-fc1aea31

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。