FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

「魔女の宅急便」ゆっくりと成長していく物語

魔女の宅急便・「魔女の宅急便」角野栄子林明子
 福音館書店 1985-01
売り上げランキング : 84518
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

ご存知、ジブリによって'89年7月に映画化された同タイトル映画の原作。
最近、5巻が出たのを知って、そんなに長く続けていたのだと知りました。
で、原作を読んでみることにしてみたわけです。

13歳になった魔女のキキは親元を離れ知らない町でひとり立ちをします。これは、魔女がまだちゃんといることを知ってもらうための習慣だそうです。ま、ここらは映画を見たから知ってるよ、という方も多いでしょう。

以前も書いたかもしれませんが、映画を見た私はトラウマ・スイッチが入ってしまい、デッキブラシで飛ぶあたりは涙なくしては見られませんでした。そんなこともあり映画に思い入れがありすぎて、原作を読まなかったのかもしれません。
映画では時間制限のせいか、キキのいい面ばかりしか描かれませんでしたが、原作は13歳ならではのちゃっかりしたところなども加え、ひとり暮らしで成長していく様子がひとつひとつのエピソードを積み重ねながら描かれています。

対象が児童なので☆はつけませんが、お勧めです。
小学校中級以上となっていますが、13歳と年齢を揃えてプレゼントしてもいいのでは?

続きは少しづつアップします。

サブタイトル
1 お話のはじまり
2 キキ、ひとり立ちの時をむかえる
3 キキ、大きな町におり立つ
4 キキ、お店をひらく
5 キキ、一大事にあう
6 キキ、ちょっといらいらする
7 キキ、ひとの秘密をのぞく
8 キキ、船長さんのなやみを解決する
9 キキ、お正月を運ぶ
10 キキ、春の音を運ぶ
11 キキ、里帰りする
web拍手 by FC2

  1. 2007/05/30(水) 20:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/410-4ee29478