* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「滝山コミューン一九七四」完結編、他

群像 2007年 01月号 [雑誌]・「群像」2007年 01月号 [雑誌]
 講談社 2006-12-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
■「滝山コミューン一九七四」(3)原武史、完結。
いよいよクライマックスの林間学校へ。学年全体での班決めのはずがすでに一部の班は決定済みという不公平。「なかま」や「みんな」を強調した歌の強要。そして合唱と同様にナチス・ドイツで重視されたという炎や松明。更にその後の運動会に端を発する「追求」。
著者ではなくても息苦しいと思うが、果たして自分が同じ状況に置かれた時、ここまで感じるかは疑問。自由より平等、個人より集団を重んじる体制に小学生の自分はけっこう馴染んでしまうかも。
'70年代の記憶として、ここからもたらされるものが何なのかはまだ見えません。しばらく抱えて暖めたいと思います。

絲山秋子のコラム「喧喧囂囂」でトランプ好きの作家が出てくる。大貧民に興じ、ナポレオンのルールが理解できず、新担当をダウトで決めようとB社社員の顔が絵札になったトランプを持ち込み「ダウト」を連発する。
最後に神経衰弱でオチをつける小洒落た文章。なかなか。
実は絲山さんの小説は少し前に読んでいますが、なんとなく馴染めなかったので著者タグをつけてません。やっぱり、体調のいい時に再挑戦してみよっかな。
web拍手 by FC2

  1. 2007/05/08(火) 21:58:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/391-bd622eb5

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。