* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「二枚舌は極楽へ行く」小市民的なセコさとバカっぽさ

二枚舌は極楽へ行く・「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
 双葉社 2006-10
売り上げランキング : 302862
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

全体にシニカルなミステリ。ほのぼのではなく、ギャハハというものでもなく、ニヤリという感じですか。ミステリらしくないものもあるんで、雰囲気が馴染めない人はいるかも。

前に読んだものほぼ同時期の発行で、でも別の趣向で楽しませてくれます。
例えば、登場人物がリンクしているとか、各話の末尾に<参考>として挙げられている小説タイトルを見て二度楽しいとか(全部、読んではいないんですけどね)、

個人的に好きなのは、ちょっと感傷的な「ラスト・セッション」と一転、小市民的なセコさやバカっぽさを押し出した(この人らしいのはこっちかな)表題作。

一冊平均すると微妙。
☆☆☆--

収録は、「野菜ジュースにソースを二滴」「値段は五千万円」「青空に黒雲ひとつ」「天職」「世界で一つだけの」「待つ男」「私のお気に入り」「冷たい水が背筋に」「ラスト・セッション」「懐かしい思い出」「ミニモスは見ていた」「二枚舌は極楽へ行く」
web拍手 by FC2

  1. 2007/05/02(水) 22:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/388-2e448764

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。