* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ぼくが絵本作家になったわけ」隣は何を読む人ぞ

ぼくが絵本作家になったわけ―ビル・ピート自伝・「ぼくが絵本作家になったわけ―ビル・ピート自伝」ビル・ピート Bill Peet ゆあさ ふみえ
 あすなろ書房 1993-02
売り上げランキング : 493502

Kinokuniya BookWebで詳しく見る

電車とかで本を読んでいる人を見かけると、何を読んでいるのか気になりませんか?

今回の本は、友人の本棚写真で見かけた一冊。
全然知らない著者ですが、なんとなくタイトルが浮かんだので、昔、気にしていた本かも?と手にとってみましたが、思い出すこともなく…。

ディズニー・スタジオにいたり絵本を描いていたりで知られている人なんですが、どちらもあまり縁がないです。

1915年生まれというと五代目小さんと同じ歳なわけで、遠い感じは否めません。


ディズニー関係の補足資料としてはまあまあか。
読む人を選びますね。
web拍手 by FC2

  1. 2007/04/03(火) 22:31:07|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

コメント

あ~、読んでしまいましたか。これ、ウォルト・ディズニー本人に興味がないといまいちですわね。自分はディズニー(本人)研究には力いれてるんで(自称)興味深かったんですが、、。上記のとおり、ウォルトディズニー研究の補足本の感は否めないですねぇ。
  1. 【2007/04/03 23:35】 URL | mtkw #- [ 編集]

> ウォルトディズニー研究の補足本
なるほど同感です。

ただ、ヒンデンブルク号とかパールハーバーとか、事故や戦争の影は見えますけど、
イヤな事件は少なそうで、古き良きアメリカはこの辺りの田舎にあったかも。

あ、でも世界恐慌とかはあったか。
  1. 【2007/04/05 00:51】 URL | bettty #- [ 編集]

会社としてのディズニーは労組が流行りだしたあたりは中々キツいものがあったそうですが、、。それ以外は割と幸せな、、というか、うまいこと行ってたってところじゃないすかね。ディズニー本人が1966年に亡くなるわけですが、それでもベトナム戦争の影が落ちることもなくディズニーランドのおかげで、1989年の「リトルマーメイド」のニューディズニーまで生き長らえたわけですから。
最近はまた迷走してる感じが無くもないですが(ユーロディズニーとか香港ディズニーとか)ブランドとしては不滅なんでしょうね。アメリカの誇りというか。ヨーロッパ人なんかはバカにするんでしょうが(笑)
  1. 【2007/04/05 17:48】 URL | mtkw #- [ 編集]

ヨーロッパあたりも物量だけならバカにするんでしょうが、街中を○クドナルドに侵食されてますから、大層なことは言えないでしょうね。
わかりやすい魅力てのがアメリカ文化なんでしょう。
日本にしろヨーロッパにしろ、そこから自分の文化に引っ張り込むのは大変ですね。
まず拒否できればいいんでしょうが、イスラムの二の舞は御免ですからね。
  1. 【2007/04/05 22:06】 URL | bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/366-ef51576e

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。