* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

4月のコミックス

発売日は携帯サイトで。表紙イメージなどはアマゾンの出張販売で。久しぶりに更新できました!

「オーレ!」(2)能田達規,新潮社
 千葉、上総オーレ・フットボールクラブには課題が山積み。大人目線の能田マンガです。

「誰も寝てはならぬ」(6)サライネス,講談社
 ここ数ヶ月の月間検索ワード・ランキングの第一位「サライネス」。どこでそんなに話題なんでしょう。好きなマンガ家さんですが…。何か時事ネタになるようなことでも?

「エレキング」(8)大橋ツヨシ,講談社
 今、大橋さんの連載はこれだけなんでしょうか。最近、「かいしゃいんのメロディー」と「プー一族」を読み終わりました。

「Dark Seed」(2)紺野キタ,幻冬舎
 半年で出るとは思わなかった。期待の魔法学校もの第2巻。

「盗賊の水さし」今市子,集英社
 タイトルからすると、ファンタジー路線ではないかと思うのですが。BLだとちょっとなぁ…。

「トニーたけざきのガンダム漫画」(2)トニーたけざき,角川書店発行/角川グループパブリッシング発売
 前巻からほぼ3年。安彦さんの逆鱗に触れたせいかと邪推しつつ待望の第2巻発売。ガンダムファン必読!

「海街diary」(1)吉田秋生,小学館
 このところ、押さえていないマンガ家さんですけど、ちょっと気になり…ませんか?

「しゃべれども しゃべれども」勝田文,白泉社
 5月に映画公開決定です。マンガより本を読み返すのが先かな。

「アニメがお仕事!」(6)石田敦子,少年画報社
 ちょっとエグいと思うのですが、Amazonなどでの評価は高い。う~ん…。

■ともだち連絡
Mさん、「カラクリオデット」(3)鈴木ジュリエッタ、19日発売です。
さらに、「コーヒーもう一杯」(3)山川直人、25日発売です。「ナオミさん愛してる・その他の短篇」山川直人も同時発売。
畑ペンさん、「鉄のラインバレル」(6)清水栄一、20日発売です。

■続きもの。これは買います…多分ね。
「新吼えろペン」(7)島本和彦,小学館
web拍手 by FC2

  1. 2007/03/10(土) 21:59:15|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

  

コメント

あ、どうもどうも、私用のチェックまで(笑)いろいろ出ますね。山川直人の新作がもう出るとは。あと、吉田秋生はちょっと気になりますねぇ、、ブリージー(笑)な漫画っぽい。
あと、トニー竹崎って安彦の逆鱗に触れたのですか?笑えるなぁ。
  1. 【2007/03/11 08:15】 URL | mtkw #- [ 編集]

吉田秋生のってブリージーなんですか?
それは苦手かも…。

トニたけについては、前作からずいぶん間が空いてるなぁ、と。
逆鱗てのもないとは思います。前巻で安彦さん特別寄稿「くたばれトニー!!」ってのはありますけどね。
  1. 【2007/03/11 20:26】 URL | bettty #- [ 編集]

なるほど>逆鱗。そういうことですか。
しかし、トニー竹崎ってすっかりガンダム漫画の人ですねぇ。絵すごくうまいのに。

ブリージーってどういう意味なんでしょうね(使うなって 笑)、なんというか、80年代ウェストコーストサウンドにひっかけたつもりなんですが。いま、吉田秋生は何を感じているのか、、がちょっと興味あるような。
  1. 【2007/03/11 23:40】 URL | mtkw #- [ 編集]

breezyで「そよ風の吹く; 快活な, 愉快な」ですかね。
SEA BREEZEってのがあるんで海のイメージがありますが、関係はないですね。

内容は鎌倉を舞台にした青春モノで、評判はいいようです。
斬新というのとはちょっと違うみたいですが…。
  1. 【2007/03/12 12:41】 URL | bettty #- [ 編集]

なるほど>breezy。
よくレコードの解説で使われてるんですよ。「breezyなサウンドが、、」とか。

らしいですね>鎌倉舞台の漫画。地方が舞台の漫画が増えるのはいいことだとは思いますが、、。鎌倉は昔から割と多いかな。湘南とか。夕張とか舞台にすると面白いと思うんですがねぇ。
  1. 【2007/03/13 11:19】 URL | mtkw #- [ 編集]

> 夕張とか舞台にすると面白いと思うんですが
ネ、ネタがタイムリーすぎる…。これで笑える話ならすごいと思います。

豪雪地帯の青春モノというのはちょっと面白そうです。田舎の、娯楽施設がパチンコ屋しかないようなところの中高生はどこで遊ぶのか?今なら家でネットとかしてるとか想像できるんですけど、バス使っても終バス早そうだし、そもそもどこ行くのかなぁ、と。

ローカルな舞台ということなら「ほしのふるまち」(原秀則,小学館)は富山県氷見市を舞台にしているようです。どんなとこか知らんけど。
  1. 【2007/03/14 01:02】 URL | bettty #- [ 編集]

>遊び場
おぉ~、なんか、そう言われてみると漠然と「地方」と思ってたのが、面白そうに感じてきますね。というか、最近思うのが回りに地方出身の人が多くて、わざわざ東京出てこなくても、、とか思うんですよねぇ。家賃かかるし(笑)
これだけネットが発達すれば、情報格差もないと思うし。ただ、仕事が無いってのはあるらしいんですが、、。
個人的にはもう、東京に人が増えて欲しくないんですよねぇ。バカみたいな高層マンションとかナンセンスですがな。これ言い出すと長いんでこの辺で(笑)
  1. 【2007/03/14 19:56】 URL | mtkw #- [ 編集]

東京は…東京は人を喰らう街じゃ~!
仕事とかで誘い出されて、人生磨り減らして死んでいくのは江戸時代から同じようです。

東京がなんぼのもんか、というのは…ねぇ。
佐渡へ佐渡へと草木もなびく、じゃないですが、猫も杓子もトーキョー、トーキョー(高野文子)。愛媛の松山に「ラフォーレ原宿」作ってどうする?
  1. 【2007/03/15 12:53】 URL | bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/350-e93b1629

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。