* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「金魚のうろこ」昭和のお聖どんと平成の鴨居が組むと?

金魚のうろこ―田辺聖子原作シリーズ・「金魚のうろこ―田辺聖子原作シリーズ」鴨居まさね
 集英社 2007-02-19
売り上げランキング : 4005

Amazonで詳しく見る

田辺聖子原作の短編5編をマンガ化。

「あんたが大将」
ドレッサーがきっかけでキャリアウーマンに変身した主婦。

「見さかいもなく」
主人公は会社で上から二番目の古参OL。腰軽・気軽・舌軽を信条にモテモテだが。

「金魚のうろこ」
大学生、目からうろこの落ちる体験。金魚のみたいに小さいうろこですが。

「達人大勝負」
儲けると大きい家に住み、失敗すると長屋へ越した、元繊維ブローカーのじいさん。その晩年の面倒を見た次男。

「夢笛」
上野サンとよっしゃん。昔の同僚で何度かデートをした仲。再会で遊び仲間に戻る。「せえへん仲」の男女のつきあい。

原作はどれも読んだことがないので、マンガ版がアレンジを加えているかは不明。
田辺文学と言われても、あんまり読んだことがなくて…。

「女はいつも現役」なんですかね?女心はよくわからないので、短編でコロンと提示されるより長編で何となく馴染んでいくほうが、男にはわかりやすいんですが…。

霧の中、霧笛は聞こえず。
☆☆☆--

この本のなかで一番好きなのは「夢笛」。軽やかだから…でしょうかね。

そこから考えると、田辺聖子原作の印象は昭和の感じというか、少し重たい感じ。
軽くしようとすると「金魚のうろこ」まで別世界に行ってしまうというか…。

私が鴨居作品を好きな、真面目でも重くなり過ぎないところとは微妙にズレを感じるのですが、果たして今後、どう変わっていくのでしょうか。 web拍手 by FC2

  1. 2007/03/04(日) 23:38:48|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/345-aa6dbafc

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。