* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「精霊探偵」そこにヒネリは要らないのでは?

精霊探偵・「精霊探偵」梶尾真治
 新潮社 2005-09-29
売り上げランキング : 111536
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

事故で妻を失ってから、他人の背後霊が見えるようになった主人公、新海。
能力は隠していたが、そのうちなんとなく不思議な能力があると知られるようになって、探偵まがいに人探しを頼まれ…。

能力があるといってもスーパーマンではないので、物凄い活躍はしません。
熊本を舞台にした話ですから、それくらいでちょうどいいかも(地理が解るともっと楽しめるでしょうが)。探偵助手の小夢(さゆめ)ちゃんとか、いいキャラです。

途中までポンポンとテンポよく来て、最後にひとひねりあるのですが、それ、私は要らなかったと思います。
映画「シックス・センス」以後、なんだかなぁ…。
ちなみに新海には肉体がありますから、「シックス・センス」と同じではありませんよ。

いくつか気になることもありますが…
トータルでみれば、間違いなく面白い。
☆☆☆☆-

※作者は、精霊を「せいれい」ではなく「しょうろう」と読んでほしいそうです、と某サイトに。
 シルフとかのではなくグレープ?!のアレですね。

※「ブラインド・ポーカー」とありますが「インディアン・ポーカー」ですね。
 ブラインドはポーカーで別の意味がありますんで念のため。
 雰囲気が合わないのはわかりますが。

※荒戸に対して、口では荒戸さんと言いながら心で荒戸と呼び捨てるのって、主人公の性格としてどう?
web拍手 by FC2

  1. 2007/02/18(日) 23:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/336-7bc929a6

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。