* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「逃亡日記」オレ、SF・ナンセンス・女の子だから

逃亡日記・「逃亡日記」吾妻ひでお
 日本文芸社 2007-01
売り上げランキング : 280
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「失踪日記」が出て、「うつうつひでお日記」が出て、帯に「日記三部作完結編!?」とありますがもはや日記マンガは冒頭の「受賞する私」しかないし…(あ、あと「あとがきな私」ね)。ファンしか買わんでよし。
(しかし日本漫画家協会大賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞の3冠受賞は史上初とか。さすがです)

賞を受けても結局、「失踪日記」と「うつうつひでお日記」くらいしか売れてないそうです。吾妻ひでおを海に例えると一般の人は波打ち際でパシャパシャ遊ぶのがせいぜいだということじゃないでしょうか。深入りするとクラゲに刺されるとかなんとか。
その点ではインタビューで語っているホームドラマ転向が実現したら確かにウケると思います。
ただ続くか?というと体質的に難しいような…。アクティブなタイプではないし。
せめて子どもが小学校あたりだったら?


「実験しないやつは物書きじゃない」「一度描いたことには飽きちゃうんだね。同じこと繰り返してもしょうがないし。だから、新しいことができるなら、同人誌でも自動販売機本でも、なんでも描くんだけど」
そんな発言もありましたが、確かに商業誌で実験はできなくなりましたねぇ(販売実験以外)。

掘り下げたい人だけ読んで。
☆☆☆--

P.171:時代設定するパワードスーツってのは、元ネタありでしょうか?
web拍手 by FC2

  1. 2007/02/14(水) 23:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/333-5f9503e0

SFについて

小説『宇宙の戦士』の発表後、特に日本では1980年代にSF作品を中心に大流行した。その後も名称や作動原理の異なるパワードスーツが創作され続けている。 パワーローダー (エイリアン2)|パワーローダー(SF映画『エイリアン2』) パワードスーツ(ゲーム『メトロイド』)右手
  1. 2007/03/21(水) 09:50:07 |
  2. SFについて

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。