* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

閉館5年。五プラを想って。

虹の天象儀・「虹の天象儀」瀬名秀明
 祥伝社 2001-10
売り上げランキング : 90317
おすすめ平均

7&Yで詳しく見る

2001年、閉館したばかりの五島プラネタリウムに少年が訪ねてきて、
解説員であった主人公に問いかける。
「人間だったら、誰に会いたいですか?」
そして、主人公の彷徨が始まる。

印象として、なんだかスイスイと話が進みすぎて…
・閉館した五島プラネタリウムにあったツァイスⅣ型
・織田作之助が書いた「わが町」の空にあった瑕疵
・よほどの好条件が揃わなければ見ることのできない○○
 (最後の○○はネタバレになるので内緒)。
これで三題話を作ってみましたという感じ。
タイムスリップ先の風景とか、もっと読みたいのに。

ボリューム不足?書き下ろしのせい?
エピソードのピースを無理にはめ込んだような感じで、
しっくりこないところもいくつか。

星を見る人なら違う感想を持つかも。それでも個人的には。
★★★--

※織田作之助「わが町」は青空文庫でも読めるようです。


天文好きで、偶然ここに辿り着いたらロクなこと書いてありゃしない!
とお怒りのあなたには、こちらのマンガをご紹介。
楽しんでいただけることと思います。

・「あいつ」成田美名子
・「星は、すばる。」日渡早紀
・「…すぎなレボリューション」小池田マヤ

特に「星は、すばる。」では「虹の天象儀」と重なりあう部分があるんで是非一読を。
逆に「すぎレボ」はちょっとクセがあるんですが…。

余談ですが、私、以前は星を見るの好きでした。
東京では時期的に見えないことの多いペルセウス座流星群を見るために、
山のほうまで足を延ばしたこともあるんですよ。
いつからですかねぇ、星を探さなくなったの。

ま、五島プラネタリウムと五藤光学が別物って気付かないくらいの星好きです。
web拍手 by FC2

  1. 2006/12/13(水) 23:00:00|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/300-bebffc65

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。