* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こんな企画モノがあったとは

神秘島物語 痛快世界の冒険文学 (5)・「神秘島物語 痛快世界の冒険文学(5)」
 佐藤さとる,ジュール・ヴェルヌ
 講談社 1998-02
売り上げランキング : 250659
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

著者が2名ありますが、原作がヴェルヌ、今回ダイジェストを担当したのが佐藤さとる氏ということのようです。
ダイジェストといっても四分の一近くに縮めた(四分の一削るのではなく)ようです。この作業の出来によってはまったく別の作品になることも考えられますし、佐藤作品といって過言ではないでしょう。

物語の舞台は絶海の無人島。大きさは大体、日本の佐渡島くらい。
サバイバルものですが、特徴は持ち込みの少なさと成果の大きさのようです。
当初、持ち込んだものは着衣を除き、マッチ1本、小麦1粒、懐中時計2つ、犬の首輪だけ。
そこから材料の現地調達はあるもののレンガ、ガラス、鉄、硫酸、ニトログリセリンまで出来てしまうのだから並みのサバイバルではありません。ここまでが第一部。
更に二部、三部と続きます。これ以上は触れませんが。

三部構成とともに実は三部作のひとつで、「グラント船長の子供たち」(1867~1868年)、「海底二万里(1970年)と兄弟作品らしい(解説より)。ちなみに本書は1874~1875年刊行です。この2作とも多分読んでいないのですが(小学生の頃、もしかすると読んだかも)今回、順番に読んだほうが楽しめるのではと思うところもいくつかあります。

それに加え、やはり枚数制限で物足りないところは否めないのが残念。
四分の一とは削りすぎでしょ。

小中学生向けかなと思うので★評価はやめておきます。
その年代に感想を聞きたいですね。
web拍手 by FC2

  1. 2006/12/07(木) 23:39:05|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/296-fd78024e

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。