* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うどんの夏を締め括る傑作

図書館の水脈・「図書館の水脈」竹内真
 メディアファクトリー 2004-04
売り上げランキング : 272522
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

私事でいうと、今年の夏はそれなりにうどんに縁があって、いつもよりはたくさん食べました。基本、うどんよりソバなんですがね。そういや「UDON」て映画もありましたねぇ。
今はすっかり冬ですが、夏の終わりのお話なんで、夏を締め括る一冊として紹介。

閑話休題。
さて、村上春樹「海辺のカフカ」に導かれるように高松(讃岐うどん)に向かう登場人物。
作家、甲町岳人、若いカップル、ワタルとナズナ。そしてそこである人に出会って…。

本好きの登場人物なもので「海辺のカフカ」以外にもいろいろな本が登場します(リストは巻末に)。そのなかでも村上春樹と芦原すなおは特別な感じ。
正直、その二人の作品は読んだことがありません。なもんで、物語の中で、そーゆー話なんだなと思いながら読み進めましたが、最終的には「物語への想い」を語る一冊として、物語好きには是非一読をお勧めしたい展開が待っていました。

この人の作品は全部読んではいないのですが、なんだかどんどん上手くなる感じですねぇ。逆に、今までの読んでない作品を手に取るのがちょっと怖いかも。
贅沢な悩みかな。

さすが、ダ・ヴィンチブックス。
物語好きには是非!
★★★★★

ところで表紙写真は小田急線沿いかと思うのですが、昔の行動範囲なのでちょっと気になってます。
推測できる方、ぜひコメントを。
web拍手 by FC2

  1. 2006/11/28(火) 23:09:12|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 【2006/11/29 13:54】 | # [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/292-01bd51d3

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。