FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

人と獣の間で

もっけ(勿怪) 4 (4)
熊倉 隆敏

講談社 2005-03-23
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しっとりと妖怪マンガ、好評第四弾!

この巻で金蟾(きんせん)というのが出てきます。金色のヒキガエルという字義で、三本足。お祖父さんにいわく「八咫(やた)の烏なんかも三本足だろ めでたい霊獣なのさ」。

獣が四本足、人が二本足なので獣より人に近く上等というところでしょうか。人が上等かはともかく、人と獣の間というのは妖怪の位置づけとして妥当な気がします。

昨年は天候の影響もあったせいか、各地でクマや猿など野生動物が里で悪さをしたというニュースを多く見聞きしました。
原因の一つとして、山と里の中間領域である里山が手入れをされずに山に戻ってしまったからとありました。里山が手入れされていれば、人の臭いなどで獣もそこまでで引き返すというのです。五感の鈍い人間は痕跡を感じるより、妖怪などを想像し伝承して距離を取っていたのかもしれません。
それが自然発生的にできた共存のルールなのではないでしょうか。
ルール違反は大抵の場合、人がするみたいですけど…。

少し脱線しますが、ネットというのは線引きが曖昧で棲み分けの出来ていない世界という感じがします。メンバー制のブログとかはそこに線を引こうとする活動でしょうか。
ネットに跳梁跋扈する魑魅魍魎とかいうと妖怪というより都市伝説ですかね?

オカルティズムに流れずに楽しみたいと思います
★★★★- web拍手 by FC2

  1. 2005/03/27(日) 22:26:21|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/28-cf5538a4