FC2ブログ




* Bettty NOTE *
本やマンガから雑談に使える話を…

ゴールはここなのか?

やがてヒトに与えられた時が満ちて…やがてヒトに与えられた時が満ちて…
池澤 夏樹

河出書房新社 1996-12
売り上げランキング : 408,917
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少し前に読んだ本。
普後均の写真との共同作業であり、ブラッドベリとクラークの間を取ったような詩的で静かなSF。
スペースコロニーの中で余生を過ごす30万人の人類。地球とは連絡が途絶えていて…。

人類の先行きとして、加速の快感に身を任せて早く燃え尽きた、というのはありそうな話で怖い。進化は世界への反応速度を上げていくことだが、行き過ぎると成熟する前に老いて、次代の準備ができないまま朽ちることになるかもしれない。加速の上限というのか…。

それならそれで、描かれていない地表では次の生物が幅をきかせていそう。そうなると「鳥人体系」で、スペースコロニーのまま世継ぎが猫だと「猫の地球儀」か?!
そ-ゆーのが好きな人には勧めません!

寿命っていっても個体にばらつきはあるはずだし、30万人がいればそれなりに活気もあっていいと思うがどうか?
CPUがゲームマスターになったってランダムイベントくらいは仕込めるでしょー。

ヒトの衰退期というイメージが先行してる感もあり
★★★-- web拍手 by FC2

  1. 2006/02/23(木) 01:08:18|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

池澤夏樹は大好きな作家の一人だったんだけど、9.11以降、考え込んじゃったでしょ?
エッセイとか読んでも、逆に辛くてねえ。
初のSFですか。。。
読もうか、読むまいか、悩むなあ。
どう思う?
ちなみに、私が好きなのは「花を運ぶ妹」とか「マシアスギリ」なんだけど。
  1. 【2006/02/28 16:39】 URL | yuka #- [ 編集]

すんません!「マシアスギリ」は半ばで挫折して「花を運ぶ妹」は未読です。
私は「南の島のティオ」あたりがいいです。

悲観的なラストではないのですが、とってつけた感もあり、静謐というより活気がない感じ。読まなくてもいいか、と。
  1. 【2006/03/01 00:55】 URL | bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/173-68a0ec5f

  

↓Amazon ツン読リスト↓