* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ぼっちーズ』なぜか易しい…入間人間入門書?

ぼっちーズぼっちーズ
入間人間/イラスト:宇木敦哉

アスキーメディアワークス 2010-11
売り上げランキング : 34047

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕と他人が揃っても、『友達』にはならない。『ぼっち達』になる。空を自由に飛びたいわけじゃない。酸素とチョコレートの次ぐらいに、誰もが気軽に手にしているもの。友達。僕はそれが、欲しい。若手新鋭作家が贈る、『ぼっち』達の青春ストーリー。 (Amazonより)

大学生を「ぼっち」側とそうじゃない方に分けるなら、間違いなく私は「ぼっち」の方でした。かろうじて学科のお祭り部隊の一員として所属があったから、自宅通いだったからなんとか完璧な「ぼっち」にはならなかったものの、サークルにも入らなかったし、ここに登場する「秘密基地」まであと一歩くらいまで迫っていたと思います。
高校も地元だったし、大学生でもちょくちょく高校のときのメンバーとつるんでたものなぁ。

「“ぼっち”にしか書けないし、共感できない」というレビューがありましたが、確かにその通りで、だから水が合うのか?作者。

あれこれ疑問が浮かんで、それで引っ張られていくのはいつも通りです。
「僕」とは誰か?各章はどう並んでいるのか?各章の頭にある数字は何か?文字数では…ないのは目次から各章頁数を考えればわかる。秘密基地の鍵を渡される前に書かされるサインは?そしてこの物語はどこへ向かうのか?

いつもと違うのは、最終的によりていねいに回答されている感じがすること。
上で?とした点はすべて答えが出ています。
その点で、入門書と書いてみましたが、さてどうでしょうね。

目次
7670『いつか君との電気ロケット』
8766『朝と夜のオセロ』
9861『不正恋愛譚』
10957『逆フライング』
12053『清き湖底に住み着く者たち』

0『秘密基地創世記』を随所に挟みつつ…。

web拍手 by FC2

  1. 2012/11/28(水) 13:04:57|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1182-2f0a05f5

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。