* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『アオイホノオ』(.9)漫画家円グラフ 特に原秀則の衝(笑)撃!

アオイホノオ 9 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アオイホノオ 9 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
島本 和彦

小学館 2012-11-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回、レビューでも色んな方が取り上げてますが、注目はホノオ分析の「漫画家円グラフ」。
今までも、あだち充や高橋留美子の分析などはしていましたが、今回は一挙8人!
あだち充(初期、中期)、手塚治虫(「ブラックジャック」)、石森章太郎(「サイボーグ009」)、水島新司、松本零士」(「銀河鉄道999」)、車田正美(「リングにかけろ」)、高橋留美子(「うる星やつら」)、そして原秀則(「さよなら三角」)

過去の記事で書きましたが、この9巻でも表紙とか「.9」と表記されてます(理由については過去記事を見てください)。

次はどうなるのでしょう?デビューさえしてしまえば「1.0」でもいいと思います。
学生生活のままでもプロデビューは「1.0」に値するでしょう。
しかし単純に「.10」だと「ふりだしに戻る」みたいですよね。

次回、そこらにも注目!

以下、オマケとゆーか書いときたいこと。

原秀則について少々。

島本和彦と原秀則ともに1961年生まれの同学年となります。
それぞれ4/26と6/14が誕生日(ここら辺、Wiki情報)

デビューは原が1980年、島本が1982年2月増刊号と1年ほどの差がある。

で、Wikipediaでは原を「登場人物の微妙な感情を表すことを得意としている」と書かれている。
登場人物が市井の人というか凡人なもので、派手な印象が残る漫画ではありませんが、同級生、同時代感覚として記憶に残る作品を描いてくれます。
(全作品を読んでいるわけではありませんが…)

野球マンガが多いけど、そればかりじゃないよ、とね。

web拍手 by FC2

  1. 2012/11/19(月) 00:54:50|
  2. comics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1179-a578a835

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。