* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一言『千年鬼』鬼の千年、人の何十年

千年鬼千年鬼
西條奈加/イラスト:小林系

徳間書店 2012-06-14
売り上げランキング : 93398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「三粒の豆」「鬼姫さま」「忘れの呪文」「隻腕の鬼」「小鬼と民」「千年の罪」「最後の鬼の芽」7編を収録。
それぞれに独立した短編が後半、大きな流れの中に配置されていたのだとわかります。

小鬼の能力は人に過去を見せること。目的は「鬼の芽」を集めること。なぜ?というのは後に語られます。


以下は思いつきです。ただ、でないと凡庸なファンタジーで終わってしまうと思うし、その程度の作者ではないと思うんです。

ネタバレになるので、続きは以下に。


どうしようもない運命が前提になる話があります。
「三粒の豆」では母親の死と父親の怪我、「隻腕の鬼」では凶作。その度に、鬼の芽が弾けて人鬼が生まれそうになりますが、なんとか阻止します。

「独立した短編が、大きな流れの中に」と書きました。
今の日本で、大きな流れといえば「東日本大震災」でしょう。
数々の悲劇が生まれました。

そして、広域の放射能汚染。

セシウムの半減期は約30年。半減、半減で約12.5%まで90年。100年でおよそ当初の1割に。
それだって被曝当初の放射線量が大きければ、居住に充分とは言えないかもしれません。それだけの長期間にわたって影響する事故でした。
事故がなくても原発は高レベル放射性廃棄物を生み出します。この中には半減期が数万年に及ぶものもある)が含まれており、時間経過による減衰は考慮できないそうです。(で、地下深くに埋設する地層処分が検討されてます)

小鬼は千年の罰を与えられましたが、我々も長期にわたる苦役を作り出してしまいました。これは、罰などではありません。原発を選択した(させられた)結果です。

終わり近く、「地獄とは希望のぞみの絶えた世界です」と天女が語ります。千年を生きるというのは一人の人間には無理ですが、希望は無くさずにいたいと思います。(こう書くと薄っぺらいのですが…)

小鬼は千年の罰の後、命が尽きてしまいました。
しかし、小鬼を慕う少女から笑顔は消えていません。
彼女に残った希望がどんなものかは、本書を読んでください。

今、書くべき話で、読まれるべき話だと思うのです。



web拍手 by FC2

  1. 2012/11/09(金) 02:17:14|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1177-c392abd9

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。