* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『オアシス』『ワンダー・ドッグ』竹内真の犬もの2冊

オアシス―不思議な犬と少年の日々 (ヴィレッジブックスedge)オアシス―不思議な犬と少年の日々 (ヴィレッジブックスedge)
竹内真/イラスト:はた万次郎

ソニーマガジンズ 2006-02
売り上げランキング : 547882

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ワンダー・ドッグワンダー・ドッグ
竹内真

新潮社 2008-01
売り上げランキング : 772187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者はかなりの犬好きらしい。

まず「オアシス」。軽く読めます。
それでも途中休みました。乗れなかったんだな、流れに。

最後にテーマが、という人もいるけれど、年齢なんでしょうか、私にはちょっと…ね。
主人公と同じ16歳くらいならよかったのかもしれません。


一方、「ワンダー・ドッグ」は一気読み。
主人公は入学式の朝に拾われて、ワンダー・フォーゲル部の部員犬となった「ワンダー」と高校生たちの10年。

「オアシス」同様、数年が描かれますが、高校生たちは入れ替わっていきます。
こちらは一般向けという感じがします。

ところで、今のワンゲル部は、活動のメインは競技というか大会なのでしょうか。

山の雰囲気が好きで、高校のクラブ対抗リレーではドーム型テントを組み立てながら走った私としては隔世の感。
数年前に山岳部のモットーとして「自主、自立、自炊」なんてのを考えました。本書で知ったワンゲルの精神「自分で決定し、自分の良心に基づいて自分の責任で行動し、そして新しい人生を形成する」(学校の方針「自主、自覚、自立」とよく似ていると書かれている)と比べると案外的外れでもない気がします。
でも、大会中心と聞くと、どこか窮屈な感じがするんですよね。

さておき…。
著者には「オリオン・ザ・ドッグ」てのもあるらしい。

犬をキーワードに著作を読み解くというのも面白いかも?

web拍手 by FC2

  1. 2012/10/27(土) 23:30:49|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1174-7b277ab0

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。