* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『結婚相手は抽選で』ドラマ原作にはいいかと…

結婚相手は抽選で結婚相手は抽選で
垣谷美雨

双葉社 2010-07-14
売り上げランキング : 288970

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

鈴木保奈美がドラマに復帰した「リセット~本当のしあわせの見つけ方~」の原作者として今、注目の作者です。

少子化対策のため「抽選見合い結婚法」が施行されることになった。この強制見合いに、アキバ系青年は万々歳、田舎で母親と暮らす看護師は、チャンスとばかりにひとりで東京へ。慌てて彼氏に結婚を迫るも、あっさりかわされるOLもいて…。それぞれの見合い事情をコミカルかつ、ハートウォーミングに描いた長編小説。 (Amazon 内容紹介より)

着想は面白いが、書き込みは薄く感じました。
薄いと思うかここらが適当と思うかで評価は分かれるのではないでしょうか。


ちょっと話が逸れますが、日本のドラマが韓流モノに押された一因は、解りにくさ、複雑さにあるというのを聞いたことがあります。東南アジアでは「難しいから」と敬遠されるとか。
私自身は、「主人公の成功を阻止する悪役の陰謀」ばっかりの韓流ドラマはもう御免なんですけど…。


夢は叶う、夢に向かって努力せよ、と煽られてきた世代が、現実に適応できなくなった姿が「結婚できない男女」かとも思います。でも、夢を見られない社会を作ってきた大人も同時にいるはずで、一括りにはできない話ですよね。


ディスコミュニケーションの部分を取り出した短編の名作というとお喋りセッション(草上仁:ハヤカワ文庫JA)がありますが、SFがダメな人には勧められませんねぇ。

ドリフターズのコント「もしもシリーズ」で「もしも、こんな法律があったら」というのがあれば…もっとコミカルに笑わせてくれるだろうけど、それはまた別のジャンル。
(近作「七十歳死亡法案、可決」はどうかな?)

2時間ドラマの原作あたりには適当なのかもしれません。

以下、余談。


読んでいて、ちょっと気になったのが、女性視点寄りなところ。

女性は生き生きと書けているのに、男性に深みがない。

女性が読者ならいいかも知れないが「あかねこの悪魔」なら書き割りばっかりとか言われるんじゃないか?

ま、男性目線で、らしくない女性ばかり読まされてきた読者というのもいるはずです。

ドラマという形で実写化すると役者さんの存在感でそこらへんが補完できるのが、ドラマ原作に向いているのでは、というもう一つの理由。


更に余談。
お話のなかで、一人暮らしをはじめる登場人物がいますが、いいと思いますよ、一人暮らし。親に頼らず生活してみて、結婚したいかよく考える。結果、一人でいいやと思えるならそれはそれで良し。

考えすぎては結婚できず、勢いで結婚したら離婚するかもしれない。
web拍手 by FC2

  1. 2012/10/25(木) 12:12:54|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1173-e3705303

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。