* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『マネー・ボール』出でよ!日本のビリー・ビーン

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男
マイケル・ルイス 中山宥=訳 二宮清純=解説

ランダムハウス講談社 2004-03-18
売り上げランキング : 23992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「その数学が戦略を決める」が面白かった人で野球好き(自分)なら間違いなくお勧め。

ブラッド・ピット主演で映画化されたMLB、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー(以下、GM)、ビリー・ビーンの挑戦を描いたストーリーの原作本。

とはいえ、「出塁率」は彼のオリジナルではありません。前任のGM、サンディ・アルダーソンがすでに実践しています。「多くの監督を有名にしたサインプレー――バント、盗塁、ヒットエンドランなど――は、たいてい、的外れか自滅行為だとわかった」(P.84)ともあり、彼が"球団文化"のタネを播いて、ビリーが刈り取ったといえるのかもしれません。現時点で、本にするならやはりここを描くかな、とも思います。

MLBでは「マネー・ボール」戦略(セイバーメトリクス)は一般的になってきているようです。同じ発想のGMが登場することで、「第二章」が始まる…と楽しいなぁ。


ま、それより日本です。「まえがき」に「野球の場合、運がゲームを左右することも少なくないし、並のメジャーリーガーと最低保証年棒のルーキーとはそれほど大きな実力の差が少ないので、総年棒が最低ぎりぎりのチームであっても1シーズン162試合のうち49試合ぐらいは勝利できるだろう」とあります。このときの勝率は0.302。

昨日の時点で、セ・リーグ首位の巨人(M1です)が勝率0.678、最下位DeNAが0.342です。試合数はともかく勝ち星は巨人80勝、DeNA40勝とちょうど半分。

いわゆる3連戦で2勝1敗ペースと1勝2敗ペースとなります。

やってくれないかなぁ「マネー・ボール」戦略…。
マシンガン打線てのもあったし、連射というか、連続出塁の効果はわかってるはずだけどなぁ…。

GMはID野球のボヤッキー野村…は年齢が問題なので、弟子、古田敦也。
ミスタースワローズの転身てのは無理か。
ヤクルトでやってくれてもいいんだけど。

マネーボール [Blu-ray]マネーボール [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-03-21
売り上げランキング : 5624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


興味深い引用など続きに。

ビル・ジェイムズの得点公式(最初の完成形)
得点数=(安打数+四球数)×塁打数÷(打数+四球数)(P.105)

ドラフトの歴史を調べたところ、《高校生選手より大学生選手を指名したほうが、はるかに、笑ってしまうほどはるかに、価値のある投資といえる》ことがわかったという。(P.129)

最も資金力のある7チームと資金力のない7チームをくらべた場合、メジャーリーグの総年俸の格差は4対1。これに対し、プロバスケットボールは1.75対1、プロフットボールは1.5対1だったという。(P.159)


最高の野手と最低の野手の差は、最高の打者と最低の打者の差にくらべ、試合結果におよぼす影響がずっと小さいんです(P.178)

たとえば、第1球がストライクだと、バッターの打率は約7分5厘下がる。ボールだと逆に同程度アップする。しかしなにより注目に値するのが3球めだ。「1-2になるか2-1になるかで、結果の予想が大きく変わります。ワンストライク・ツーボールなら、メジャーリーグの平均的打者がオールスター級の打者に変身する。ツーストライク・ワンボールなら、貧打者に成り下がるんです。世間では初球のストライクが勧進だ、といいますね。でもじつは初球なんて、3球のうちの1球にすぎません」(P.192)

出塁率は長打率より3倍重要。(P.222)
これにはP.168の前段がある。
10回のうち4回出塁して出塁率 0.400(おおかたのメジャーリーガーは0.300から0.400)
長打率は最大 4.000(おおかたのメジャーリーガーは0.350から0.550)
OPSと呼ばれる出塁率プラス長打率が脚光を浴びたが、この二つは等価か?という文がある。

他、同じ趣旨のチーム編成基準についてはWikiを参照ください。

プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1
岡田友輔 鳥越規央 Student 三宅博人 道作 蛭川皓平 森嶋俊行 高多薪吾

水曜社 2012-03-10
売り上げランキング : 71157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス
データスタジアム

宝島社 2008-03-07
売り上げランキング : 116420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


web拍手 by FC2

  1. 2012/09/20(木) 01:04:37|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

コメント

「日本ハムに学ぶ 勝てる組織づくりの教科書」(講談社プラスアルファ新書) 岡田友輔 てのもありました。
パ・リーグ的には常識化しているのかもしれません。確かに首位~最下位までの勝率差は9月19日付けで0.557~0.410しかない。

そこを財力でぶっ潰すのがヨミウリ式マネーボール?!
  1. 【2012/09/20 04:26】 URL | Bettty #- [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1164-23f45f88

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。