* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『モーニング Mourning』45歳 喪に服す

モーニング Mourning (実業之日本社文庫)モーニング Mourning (実業之日本社文庫)
小路幸也

実業之日本社 2010-12-04
売り上げランキング : 94304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「Coffee blues」の前編にあたりますが主人公の今と学生時代の話ということで、こっちが後でも大丈夫。
主人公の生年が明らかになってます。1961年だそうで、「Coffee blues」の時代は1991年。30歳ですね。この話では45歳です。2006年の話ですが、時事的なものは特にありませんね。
主人公・弓島大は大学時代の四年間、男五人で共同生活を送っていた。五人のうちの一人の事故死で二十数年ぶりに出会った四人。
一人が「レンタカーで帰って自殺する」と言い出して、ロングドライブが始まった。

毎年、会っていた友人たちともなかなか会えなくなってます。
その点ではうらやましいですね。

話としてはまあどうなんでしょう。あそこまでキツイ話にしなくても、とも思います。
主人公、弓島大も「善人」と言われるようなタイプじゃないんじゃないか。
最後の仕上げをまったく否定するつもりはありませんが…。

モーニング Mourning
読んだのは単行本版のこちらです。

ラストシーンが横浜ということでの表紙かと思いますが、舞台は「海の公園」です。
八景島の近くでランドマークタワーやベイブリッジ(裏表紙に)は見えないでしょう。新港パークあたりと間違えてません?

そんなあれやこれやもあって、「Coffee blues」と同じスカイエマ表紙の文庫版をトップにしてみました。

今回、流れるのはジャニス・イアン。


web拍手 by FC2

  1. 2012/08/18(土) 23:58:29|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1159-560b89d2

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。