* Bettty NOTE *
マンガと書籍の感想、なかなか更新できず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか』引っ掛かったとこだけ

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか―工学に立ちはだかる「究極の力学構造」 (ブルーバックス)
鈴森康一

講談社 2012-04-20
売り上げランキング : 40027

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ざっと読みの感想。

ロボットや機械の仕組みとかが気になる人にはお勧め。

例えば、次の質問を考えてみてください。

Q1:ロボットは何故キャッチボールが苦手か?
Q2:生き物のからだの材料として金属を使わないのか?
Q3:生き物が回転機構を用いない理由は?


そもそも、こんなようなことは考えたくもないという人に向かない本ですね。
ちなみに、それぞれの答えについては本書で触れています。
読めば分かる、と突き放そうかと思いましたが、突き放されるのは嫌いなので、一応ヒント(だからAでなく)みたいなものを書いておくと…。

H1:多関節筋と生き物らしい動き!
H2:現地生産方式の限界 生産方式が材料を選ぶ!
H3:機械本体は末梢側の部品を養う必要はない!

特にQ3については「はみだし生物学」でも触れられていました。話はそこから石原藤夫の「ハイウェイ惑星」につながっていきました。
懐かしいねぇ…。


ま、今回はこんなところで。

はみだし生物学 (新潮文庫)
小松 左京

新潮社 1982-08
売り上げランキング : 1010778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


web拍手 by FC2

  1. 2012/07/26(木) 23:00:22|
  2. books & writing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bettty.blog4.fc2.com/tb.php/1151-bf0e596c

  

↓Amazon ツン読リスト↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。